緑茶

日本のお茶にはいくつかの種類がありますが、そのお茶の中で最も親しまれ飲まれているのが緑茶です。
緑茶の種類には煎茶や玉露茶がありますが、素である茶葉は同じものです。
育て方や製造工程が違うだけです。

緑茶は採取したあと、蒸して揉んで乾燥させる工程で作られます。
蒸すことにより発酵を止めているので、健康成分が凝縮しています。

ポリフェノールであるカテキンには抗酸化作用があり、免疫力強化の働きがあります。
コレステロールや体脂肪を減らし、生活習慣病予防にもなります。
ビタミン類も豊富に含まれており、テアニン、カフェインも含まれています。

緑茶を毎日飲む人は病気になりにくく長寿であると調査結果にも出ています。

緑茶の効果・効能

免疫力の向上
豊富に含まれている「カテキン」に強力な抗菌、抗ウイルス作用があるため。
生活習慣病を予防、改善
「カテキン」に食事中のコレステロールの吸収を抑えたり、体脂肪を燃焼させて脂肪の吸収を抑える働きがあるため生活習慣病を予防、改善できます。
リラックス効果
緑茶に含まれている「カフェイン」に、疲れた脳を目覚めさせて疲労回復する働きがあったり、「テアニン」に脳がリラックスしている際に出る「アルファ波」と呼ばれる脳内で増加する作用があるため。
虫歯や口臭を予防
「カテキン」が口内を抗菌して、歯垢をつくる酵素の働きを抑えるため虫歯口臭を予防できます。

相乗効果がある成分

緑茶を含む食べ物
お茶
1日に必要な摂取量(男女共通)
1,000mg(カテキンの量として) 300mg(カフェインの量として)

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース