ハト麦

イネ科ジュズダマ属の植物で中国南部やインドシナ半島などの南アジアが原産で、ハト麦の殻を除いて乾燥したものを「ヨクイニン」と呼び、生薬として使われています。

ハト麦とは、南アジアを主に漢方としても使用されている成分です。
ハトがよく食べていたことからハト麦との呼び名がついたといわれています。

ヨクイニンには体内の余計な水分を取り除き、むくみ解消や下痢の症状などにも使用されてきました。
胃のもたれを改善し、薬膳料理では老廃物を排出し代謝を高める働きがあります。
民間療法では化粧品やお茶にして飲まれ、美肌作りや利尿効果が期待されています。

ハト麦に含まれる栄養素は精米の2倍のタンパク質、食物繊維は約8倍、脂質、ミネラル、カルシウム、ビタミン1、2などが含まれています。
身体に不足しがちな栄養素も豊富に含まれていることから健康維持に最適な食物として扱われています。

ハト麦の効果・効能

生活習慣病を予防、改善
「9-ヒドロキシ-オクタデカン酸」と呼ばれる脂肪の代謝を促す成分が含まれていることから、肥満を抑える働きがあるため。
デトックス効果
ハト麦には大腸まで届いて便の量を増やす食物繊維が豊富に含まれていたり、尿の排出を促す効果があるため。
アレルギーを抑制
アレルギーを引き起こす物質「ヒスタミン」を抑える働きがあるため。
胃の健康を保つ
体内の余分な水分を排出するため。
美肌効果
ハト麦に含まれる「コイクセラノイド」に肌の角質代謝を高める働きがあるため。

相乗効果がある成分

ハト麦を含む食べ物
お茶
サプリメント
1日に必要な摂取量(男性)
15g~30g
1日に必要な摂取量(女性)
15g~30g

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース