ほうじ茶

ほうじ茶とは煎茶の茶葉を煎ったもので、香ばしさが特徴の日本茶です。煎茶に比べカフェインの量が半分程度になるため、カフェインが気になる人にもおすすめです。

ほうじ茶に含まれる成分はテアニン、茶カテキン、ビタミンCなどです。

テアニンは光合成によりカテキンへ変化します。カテキンは渋み成分であり、抗酸化作用の他殺菌・抗菌・体脂肪を減らす働きがあります。テアニンには興奮を鎮める作用があり、リラックス効果があります。セロトニンやドーパミンなどの神経伝達物質を調整し、血圧を下げたり集中力を高めたりする働きがあります。


ほうじ茶の効果・効能

リラックス効果
テアニンを摂取して脳波を測定すると、脳がリラックスしているときに出現するα波が上昇することが分かっています。また集中力が高まり、ストレスも緩和されます。
美肌効果
ほうじ茶に含まれるビタミンCがシミやそばかすの原因となるメラニン色素を抑えるとともに、コラーゲンの生成に関わり美肌へと導きます。
虫歯や口臭を予防
ほうじ茶に含まれているポリフェノールが、虫歯菌の繁殖を抑えます。また抗菌や抗酸化作用を発揮し、口臭を抑えます。
ダイエット効果
ほうじ茶に含まれるカテキンには、体脂肪の蓄積を抑える働きがあります。継続して飲むことで、ダイエット効果を得ることができます。
アンチエイジング効果
カテキンには高い抗酸化作用があります。細胞の酸化を防ぎ、若々しく健康的な体を保ちます。シミやシワをおさえるので、アンチエイジング効果が期待できます。

相乗効果がある成分

ほうじ茶を含む食べ物
ほうじ茶
1日に必要な摂取量(男女共通)
一日10杯まで(カフェインの上限として)

ほうじ茶の副作用

特になし

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース