ホップ

ホップはアサ科の多年生つる性植物で、ビールの苦み、香り付けに使用されます。
ちなみに成分の効果、効能はビールにはほとんど含まれていません。

薬用ハーブとしても優秀で、食欲増進、不安、不眠解消、血圧改善などさまざまな効果が認められています。

日本では北海道や東北地方で栽培され、和名では、セイヨウカラハナソウと呼ばれています。

ホップの効果・効能

食欲促進
ホップの苦み成分が消化を助け、肝臓機能を促進することで、胆汁と消化液の分泌が促されるため。
女性特有の不調を改善
エストロゲンに似た働きを持つ、フェイトエストロゲンを含んでおり、女性ホルモンのバランスを整えるため。
不安、不眠の改善
黄色い粒状のホップ腺に含まれるフムロンには、鎮静作用があるため。
血圧改善
ホップ抽出物の主成分イソフムロン類には、血管を広げ、血糖値の上昇を抑える効果があるため。
ホップを含む食べ物
ハーブティー
ハーブチンキ
1日に必要な摂取量(男性)
特になし
1日に必要な摂取量(女性)
特になし

ホップの副作用

鎮静作用が強いため、うつ症状の人が摂取した場合、症状が悪化することがあります。

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース