iHA(アイハ)

皮膚をはじめとして身体のあらゆる部分に存在しているヒアルロン酸。
ヒアルロン酸が不足すると弾力低下や肌の乾燥が起こり、かさつきます。
ヒアルロン酸には細胞間のクッション的な役割を持っており、ヒアルロン酸1gあたり6Lもの保水力があります。

ヒアルロン酸の主な働きは3つ、肌の潤い成分、更年期・生理痛改善、関節痛改善です。
このヒアルロン酸を生み出す働きがあるものがiHAです。
iHAは卵黄ペプチドの一種で、卵黄から抽出され精製された新しい成分です。

卵に1~2%ほどしか含まれていない成分で、希少価値の高い成分です。
散骨細胞は軟骨のヒアルロン酸が作っていますが、iHAには軟骨細胞増殖の働きがあります。
軟骨細胞は代謝能力が遅く、ヒアルロン酸の生産に時間がかかるのですが、iHAのヒアルロン酸産出能力により関節痛を緩和します。

iHA(アイハ)の効果・効能

美肌効果
アイハはヒアルロン酸の吸収を促進させるため。
関節痛の緩和
関節の細胞を増やす手伝いをすることで、骨と骨の間のクッションの役割を果たすため。

相乗効果がある成分

iHA(アイハ)を含む食べ物
卵黄
1日に必要な摂取量(男性)
特に規定なし
1日に必要な摂取量(女性)
特に規定なし

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース