イミダゾールペプチド

鳥たちが飛び続けることができるのは、羽を動かす胸の部分に多く「イミダゾールペプチド」が含まれているからだということが研究により明らかになりました。

イミダゾールペプチド(イミダペプチド)には疲れづらくする作用や、疲労回復効果があるため、渡り鳥は羽を動かし続けることができるのです。

この成分はアミノ酸であるカルノシンとアンセリンが結合したものであり、鶏のむね肉や、回遊魚の尾ひれの部分に多く含まれています。

人間の場合は、脳に多くのイミダゾールペプチドがあることが分かっています。

イミダゾールペプチドの効果・効能

疲労回復
疲れを感じる原因として、活性酸素により細胞が傷ついてしまうことがあります。イミダゾールペプチドにはすぐれた抗酸化作用があり、活性酸素の抑制や細胞の酸化を防ぐ効果があります。
認知機能の向上
人間の脳は常に働き、疲労しています。イミダゾールペプチドには、脳の老化や認知機能低下の原因となる脳疲労を回復させる効果があります。また脳の血管が活性酸素により傷つくのを防ぐ作用もあります。

相乗効果がある成分

イミダゾールペプチドを含む食べ物
鶏むね肉
魚の赤身
1日に必要な摂取量(男性)
200mg~400mg
1日に必要な摂取量(女性)
200mg~400mg

イミダゾールペプチドの副作用

特になし

イミダゾールペプチドが含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース