イソフラボン

イソフラボンは、主に大豆に多く含まれている成分であり、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをしてくれます。

女性ホルモンのバランスを整え活性化する作用があるため、とくに更年期障害によるのぼせやほてり、イライラなどの症状を和らげることができます。

カルシウムが体から排出するのを防いでくれる効果もあるため、骨粗しょう症の予防にも役立ちます。

また悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やす作用もあり、動脈硬化や心筋梗塞などの血管の病気にも効果があります。

イソフラボンの効果・効能

更年期障害の改善
イソフラボンには、更年期によって減少したエストロゲンの代わりに作用する効果があります。更年期障害によるのぼせやほてり、PMSなどによるイライラなどの改善が期待できます。
骨粗しょう症予防
イソフラボンにはカルシウムが体から排出するのを防ぎ、蓄える作用があります。更年期以降の女性に起こりやすい骨粗しょう症を予防する効果が期待できます。
美肌効果
女性ホルモンが活性化されることで、肌のターンオーバーが正常化し、調子が整っていきます。 またイソフラボンの抗酸化作用により健康的な血液が保てるようになり、肌トラブルが改善していきます。
生活習慣病の予防・改善
イソフラボンには悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす作用があります。 動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病を予防、改善する効果が期待できます。
育毛効果
女性ホルモンを活性化させることで、薄毛や抜け毛を抑制します。 またカプサイシンと同時に摂取すると、育毛や発毛に欠かせないIGF-1(インスリン様成長因子)を増やすことができます。

相乗効果がある成分

イソフラボンを含む食べ物
大豆
納豆
豆腐
味噌
豆乳
醤油
きなこ
1日に必要な摂取量(男性)
70mg~75mg
1日に必要な摂取量(女性)
70mg~75mg

イソフラボンの副作用

イソフラボンには女性ホルモンのような作用があります。過剰摂取によりホルモンバランスが崩れたり、医薬品との相互作用が現れることがあります。

イソフラボンが含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース