ナツメ

ナツメとは、クロウメモドキ科の落葉高木になる赤茶色の果実部分のことを指します。ナツメを乾燥させた生薬のことをタイソウといい、葛根湯など身近な漢方薬に含まれています。タイソウは甘みがあるので、苦い漢方薬と組み合わせます。

ナツメヤシと混同されることがありますが、ナツメとナツメヤシはまったく別の種ですので注意が必要です。

ナツメにはカリウム、亜鉛、鉄分、葉酸、食物繊維、パントテン酸、ナイアシンなどの栄養素が豊富に含まれています。中国では古来から「一日に三つのナツメを食べると老いない」といわれてきました。これらの豊富な栄養成分が、健康にとてもよい効果をもたらします。

ナツメの効果・効能

貧血予防・改善効果
ナツメにはプルーンの1.5倍の鉄分が含まれています。また貧血改善に効果的な銅や葉酸も含有しているため、めまいや立ちくらみなどの症状に効果的です。
美肌効果
ナツメにはコラーゲンを産む線維牙細胞の活性化作用、コラーゲンの生成に必要なビタミンCの働きの補助作用があります。継続的な摂取により美しい肌へと導きます。
冷え性の改善
生薬として古来より使われてきたナツメには、血液循環を整え体を温める作用があります。冷えからくる女性特有の悩みにも効果が期待できます。
便秘解消効果
ナツメには豊富な食物繊維が含まれています。また腸を刺激するサポニンも含有していますので、穏やかでスムーズな便通を助け便秘を解消します。
アレルギーや炎症の抑制
ナツメに含まれる抗酸化物質であるサポニンやパントテン酸には、活性酸素を除去し炎症を抑える作用があります。アレルギー症状や花粉症の改善効果が期待されます。
精神を落ち着かせる作用
ナツメは古くから精神を落ち着かせ、穏やかな眠りに誘う作用があると知られていました。睡眠ホルモンであるセロトニンの分泌を安定させ、睡眠リズムを整えます。

相乗効果がある成分

ナツメを含む食べ物
ナツメ
1日に必要な摂取量(男性)
5個
1日に必要な摂取量(女性)
5個

ナツメの副作用

過剰摂取により胃腸に不調が現れることがあります。また体を温める作用がありますので、熱っぽいときには控えましょう。

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース