アスパルテームは神経毒!?衝撃的な噂の真相に迫る

しあわせサプリ編集

みなさん、アスパルテームをご存じでしょうか?これは、人口甘味料で、カロリーゼロ商品やお菓子類によく含まれており、私たちも普段知らず知らずのうちに摂取しているものとなります。
このアスパルテームは、食品に多く使われますが、実は最近アメリカにおいて、安全性がどうなのかという声が出ています。
今回は、そんなアスパルテームの成分や私たちの体にどんな影響があるのかをご紹介します。

カロリーゼロ飲料によく見る甘味料!アスパルテームってどんなもの?

カロリーゼロ飲料でよく目にする甘味料にアスパルテームは、砂糖の代わりに食品に利用される人工甘味料で、日本では指定添加物として1983年に認められました。
アスパルテームの糖度は砂糖のおよそ200倍で、お菓子類などにも使用されています。
このアスパルテームはアミノ酸に分類される成分「フェニルアラニン」「アスパラギン酸」を結合させて作られたアミノ酸系甘味料で、苦味が少なく甘味度が高く、独特な後味が特徴です。
アスパルテームのカロリーは砂糖と同じで100gあたり4kcalですが、砂糖よりも甘味料が高いので少量を使用するだけで甘みをつけることができます
さらにカロリーを低めに抑えることができるので、個人のダイエットにも利用され、ダイエット飲料などにも使用されています。
甘みが強いと虫歯になりやすく感じるかもしれしませんが、アスパルテームはたんぱく質と同じでアミノ酸で構成されていて、虫歯にはなりにくく、摂取しても著しい血糖値の上昇が見られず、糖尿病などの病気を持っていたとしても摂取することができます。
このアスパルテームは世界の百数十か国異常で使用が認められ、中には安全性が懸念される声もあり、がんの発生率などの関係や安全性について研究した結果「安全である」という声が多くなっています。
ところが「フェニルケトン尿症」の疾患を持つ患者に対しては、アスパルテームの摂取に注意が呼びかけられています。
このフェニルケトン尿症は、アミノ酸のフェニルアラニンを代謝できない遺伝性疾患です。
アスパルテームが体内に入ると元のアミノ酸の「フェニルアラニン」「アスパラギン酸」に分解されますが、フェニルケトン尿症の場合はフェニルアラニンを代謝することができず、摂取した分だけ体内に蓄積されてしまいます。
脳機能などへの障害が現れる可能性があり、このことからフェニルケトン尿症を持つ患者にはアスパルテームの摂取に注意が必要となります。

こんなに悪影響があるなんて!アスパルテームの危険性とは?

多くの製品に使用されている人工甘味料のアスパルテームですが、様々な悪影響があるという報告が数多く集まっています。
アメリカ合衆国ボストンの婦人科病院の科学者たちの11年間の研究結果により、アスパルテームを使用したダイエットソーダと腎臓障害の関わりが分かりました。

またハーバード大学の関連病院の研究チームが、ダイエットソーダがリンパ腫、そして白血病のリスクを増大させるリスクがあると発表しています。

さらに日本薬学会では、アスパルテームで元気な精子が激減するリスクが極めて高いことを発表し、そして多くの研究者たちが以下のようなリスクがあることを指摘しています。
・ポリープの発生
・目に奇形
・体重の減少
・骨格の異常
・肝臓、心臓、胃や副腎などの肥大
・脳内伝達物質の変化
・脳障害
・分解毒物性の不安
・腎臓機能の低下
・失明
・腫瘍
・脳障害児
・頭痛
・気分の著しい変化
・ポリープ
・不眠症、うつ
・知能の低下
・短期の記憶に対する影響

など、アスパルテームを摂取すると発症するとされている病気や症状が取り上げられています。

それだけではなく、デンマークでの研究ではアスパルテームは早産率を78%上昇させるという報告が出て、また、内分泌ホルモンを破戒して月経を変化させて不妊症を引き起こしたり、動物実験で明らかな先天性神経管障害を引き起こすという報告もあります。
さらに精神分析・医学博士のラルフ・Gウォルトン博士によると、アスパルテーム製造企業から研究費を出資された研究機関の74論文全てが「アスパルテームは安全である」という結論を出しているのに対して、その他の独立研究機関の90論文のうち、83論文が「アスパルテームは脳腫瘍などの致命的な健康障害をもたらす危険性がある」という結論を出しているのです。
実はアメリカ国防省内で、生物化学兵器用物質の候補としてリストアップされていたこともあり、アメリカではアスパルテームを何と蛾やゴキブリの殺虫剤として使用されているのです。
だからこそ、「アスパルテームは危険である」という情報が広まっています。

ジュースだけでない!アスパルテームはこんな食品にも入っている!

「危険なものである」という研究結果が数多く出ているアスパルテームですが、
実はジュースだけではなく、様々な商品に含まれているので、その一部をご紹介しましょう。
・炭酸飲料
・粉末飲料
・酒
・チョコレート
・飴
・口中清涼菓子
・ガム
・ゼリー
・米菓
・乳酸菌飲料
・氷菓
・漬け込み
・OTC(薬店ルート)
・機能性食品
・シュガーレス
・砂糖加工品

などになります。

これらの商品のうち、食品に関しては食品衛生法の規定によって「甘味料」としてアスパルテームを含んでいる事が表示されているので、商品の裏面を確認する必要があります。
表示例として「甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)」となっています。

まとめ~カロリーゼロで人気のアスパルテームも、実は体に悪いことだらけであることを知っておこう!~

ご紹介したアスパルテームは、人口甘味料として日本だけでなく、海外でも多く使われている一方で、安全性が懸念されていることがわかりました。
私たちが普段よく飲食するものにも多く含まれているため、とても安全性が心配になりますが、もともとは、虫歯にもなりづらく、糖尿病の方にも摂取できるものとして信頼性があります。
しかしたくさんのリスクがあることが分かっていますので、飲料などを摂取する際は、よく裏面を確認しましょう。

関連記事

ライター一覧

  • しあわせサプリ編集

    しあわせサプリ編集

    ライターさん以外の記事を投稿しています。
  • ほりえもん

    ほりえもん

    コーラとポテチを養分に大きくなったアラフォー。塩味はビシっと効かせないと物足りない、遺伝子は組み換えてあったほうがそそられる。今日も胡麻煎餅を頬張りキーボードを叩くが、健康への不安から毎朝のDHAサプリと青汁は欠かせないお年頃。
  • マロリン

    マロリン

    好きなものだけを好きな時に好きなだけ食べて、会社ではコーヒー、家ではコーラを飲みまくる健康に無頓着なアラフォー女子。最近、大好きな焼肉の脂がもたれるようになってきたことが少し気になっています。
  • うえした

    うえした

    チョコと肉料理をこよなく愛する20代女子。肉を食べたくないときがないくらい好きだけど、料理をする時間があるならその分睡眠したい!外食万歳!……最近貧血気味なのが悩み。

ランキング

最新記事

幸せサプリ