ケール

ケールはビタミン含有量が豊富に含まれている緑黄色野菜です。地中海原産のキャベツの一種で、和名はリョクヨウカンラン(緑葉甘藍)ハゴロモカンラン(羽衣甘藍)です。

青汁の原料として有名なケールは、生命力の高さが特徴です。スーパーフードとして紹介されることもあるケールは、さまざまな栄養素がバランスよく含まれていますので、野菜不足を補うのに適しています。

食べたときに感じる独特の苦みはスルフォラファンという抗酸化物質であり、健康にとてもよい効果をもたらします。加熱してもその効果が失われないため、食事に取り入れるのもおすすめです。

ケールの効果・効能

がんや生活習慣病の予防
ケールに含まれるスルフォラファンには、発がん物質を排出する作用があります。この効果は青汁の原料であるさまざまな青菜の中でもトップクラスとなっています。
飛蚊症の予防・改善
ケールには豊富なルテインが含まれています。目の硝子体内の活性酸素を除去する作用が高いため、飛蚊症の改善や予防効果が期待できます。
骨粗鬆症の予防・改善
継続的な摂取により閉経後の骨代謝マーカーの数値が有意に改善され、骨粗しょう症への改善効果があるという研究がされています。
血糖値上昇抑制
ケールの摂取により、食後の血糖値の上昇が抑えられることがわかっています。炭水化物を含む食品と一緒に摂ることで、その効果を発揮します。
美肌効果
ケールにはほぼ全てのビタミンが含まれています。また高い抗酸化作用もあるため、細胞の老化を防ぎ若々しい美肌へと導いてくれます。
動脈硬化や血栓を予防
ケールには善玉コレステロールを増やし、血流を改善する作用があります。それにより血圧を安定させ、コレステロール値の上昇を抑えることができます。
腸内環境の改善
豊富な食物繊維を含むケールの継続的な摂取により、腸内環境が改善されます。下痢や便秘を改善し、健康的な排便が得られるようになります。

相乗効果がある成分

ケールを含む食べ物
ケール
1日に必要な摂取量(男女共通)
特になし

ケールの副作用

特になし

ロサンゼルスにはヘルシー志向の人が多く、様々な美容、健康に良いと評判の食品が販売されています。
最近ではオーガニック系のスーパーで目にするのがケールチップスで、今、話題になっており、ローフード愛好者の中でもかなり注目されています。

ケールに含まれている栄養素をそのまま取り入れるために青汁やサラダで摂取したり、時には炒めて肉や野菜の付け合せにするなど、様々な食べ方ができます。
青汁をイメージすると「苦い」というイメージがありますが思ったよりも苦くはなく、クセがないので様々な料理に利用できることから、数年でかなり人気が高まっている野菜なのです。

そのケールをカロリーが高いというイメージを持つポテトチップの代わりにおやつとして食べるのが人気となっています。

ケールが含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース