キムチ乳酸菌

さまざまな植物が持つ多様な糖(ブドウ糖や麦芽糖など)を栄養源にして形成されます。このキムチ乳酸菌は植物性ということで、劣悪な環境下でも生き抜き、生きたまま腸に届けられ ます。

腸内にいる有害細菌の増殖を抑え、腸内環境をよりいい方向へ導く効果が期待できます。

また免疫過敏反応による皮膚状態の改善にも効果があり、体内の免疫バランスを整え、花粉症をはじめとするアレルギー症状を改善させる働きがあります。

1gあたりに含まれる乳酸菌の数は、日本の漬物やドイツのザワークラウトなどよりキムチが抜きんでています。

キムチ乳酸菌の効果・効能

ガンの予防
キムチ乳酸菌によって作り出されるデキストリンは、腸内の環境を整えきれいにする作用があります。研究によりこの作用にガンを予防する効果があると分かってきました。
腸の働きを整える作用
キムチ乳酸菌は生きたまま腸まで届きます。腸内フローラのバランスを整え、善玉菌を増やす作用があります。継続的に摂取することで下痢や便秘の解消ができます。
美肌効果
キムチ乳酸菌の摂取により腸内環境が改善すると、老廃物や毒素が排出されてお肌の状態がよくなります。韓国には美肌の人が多いのも、キムチ乳酸菌によるものが大きいといわれています。
アレルギー症状の緩和
アレルギーは免疫機能と関係があります。キムチ乳酸菌は腸内環境を改善することで免疫力を高め、アレルギー症状を和らげる効果があります。

相乗効果がある成分

キムチ乳酸菌を含む食べ物
キムチ
1日に必要な摂取量(男性)
約100g
1日に必要な摂取量(女性)
約100g

キムチ乳酸菌の副作用

特になし

キムチ乳酸菌が含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース