クワンソウ

クワンソウは、リラックス効果があり安眠へと導く作用のあるハーブです。元々は琉球王朝から親しまれていた植物で、今も沖縄では身近なものとして自宅の庭で育て、葉は乾燥させてお茶にしたり、花や茎は味噌汁やおひたしにしたりして食されています。

クワンソウは沖縄県指定の伝統的農産物28品目にも登録されています。沖縄ではニーブイグサと呼ばれ、ねむり草ともいわれるくらい睡眠効果があります。

クワンソウの根にはリジンやアスパラギン酸などのアミノ酸、安眠の元であるオキシピナタニンなどが含まれており、今でも研究が重ねられています。

クワンソウの効果・効能

質の高い睡眠へと導く作用
クワンソウに含まれているオキシピナタニンには、深い眠りを延長する作用があります。優れた鎮静作用ももっており、摂取により質の良い睡眠をもたらします。
肉体疲労の改善
深い眠りが持続することにより、蓄積された疲労が回復します。夜中に何度も目覚めることがなくなり、すっきりした目覚めが得られます。
肌荒れの改善
睡眠がしっかりとれると成長ホルモンが分泌され、傷んだ細胞の修復がなされます。睡眠不足による肌荒れが改善し、美肌をとりもどすことができます
ストレスの軽減
クワンソウには抗ストレス作用があります。摂取することで心身をリラックスさせ、自律神経の働きを整え、ストレスを遠ざけます。

相乗効果がある成分

クワンソウを含む食べ物
クワンソウ
1日に必要な摂取量(男性)
およそ100mg
1日に必要な摂取量(女性)
およそ100mg

クワンソウの副作用

特になし

クワンソウが含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース