Lシスチン

Lシスチンはたんぱく質を構成するアミノ酸です。

毛髪や爪などのケラチンに多く含まれていて、たんぱく質の立体構造を保持する役割があります。

含硫アミノ酸の一種であるため、髪や爪を燃やすと独特のにおいがします。

Lシスチンにはメラニン色素をつくる酵素チロシナーゼの活性化を抑制する効果があるため、シミやそばかすの発生を抑えることができます。

また、ほかの物質と反応することで解毒作用を発揮することがあります。

Lシスチンの効果・効能

美白効果
メラニンを作る酵素であるチロシナーゼの活性を抑制し、メラニンの排泄を促進させます。また皮膚の代謝を活性化させ、古い角質の排出をうながします。
解毒作用
Lシスチンには活性酸素を除去する効果があります。肝臓での解毒作用を高め、有害物質のすみやかな排出に役立ちます。
シミ・そばかすの予防
Lシスチンには、メラニンを生成するチロシナーゼの働きを阻害する作用があります。さらに代謝を高めターンオーバーを促す効果がありますから、シミやそばかすを薄くする効果が期待できます。
育毛・発毛効果
Lシスチンは、髪の構成成分であるケラチンに多く含まれるアミノ酸です。丈夫で抜けにくい健康的な髪をつくる作用があり、育毛サプリなどにも配合されています。

相乗効果がある成分

Lシスチンを含む食べ物
鶏肉
牛肉
羊肉
牛乳
小麦粉
1日に必要な摂取量(男女共通)
体重1kgあたり15mg(60kgの人だと900mg)

Lシスチンの副作用

過剰摂取により吐き気・下痢・腹痛などの症状が起こることがあります。

Lシスチンが含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース