乳酸

「脂肪族ヒドロキシ酸」に分類される水溶性有機化合物で、グリセリン酸やクエン酸なども同じ分類となります。運動時にグリコーゲンやブドウ糖が使われる際、同時生成されます。

以前までは乳酸が体内に蓄積することによって、身体や聞く人が疲労を感じるとされてきました。しかし多くの研究で乳酸は老廃物ではなく、運動中も運動後も消費されていることが分かり、疲労の原因ではないことが証明されています。

そして血管新生や傷の修復など、体にとってプラスの作用があることが分かってきています。

乳酸の効果・効能

疲労を軽減する作用
乳酸には筋収縮の阻害を防ぐ作用があります。疲れにより筋肉の動きが悪くなることを防ぎ、エネルギーを生み出す働きをしています。
成長ホルモンの分泌促進
乳酸には、脳下垂体からの成長ホルモンの分泌を盛んにする作用があります。エネルギー代謝を上がり、ダイエット効果も期待できます。

相乗効果がある成分

乳酸を含む食べ物


ヨーグルト
ワイン
漬け物
1日に必要な摂取量(男性)
3.3mg/dl~14.9mg/dl(血中乳酸値の正常値)
1日に必要な摂取量(女性)
3.3mg/dl~14.9mg/dl(血中乳酸値の正常値)

乳酸の副作用

特になし

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース