ラブレ菌

ラブレ菌とは生き抜く力がとても強い植物性乳酸菌です。京漬物であるすぐきの漬物から発見されました。

漬物樽の中のように塩分が高く酸度の高い環境では普通の菌は死滅してしまいますが、ラブレ菌はその中で生き抜くことでより強い生命力を身に着けました。生きたまま腸内に達しとどまり大量の乳酸を作り出すことで、悪玉菌を抑えることができます。

正式名称は「ラクトバチルス・ブレビス・サブスピーシス・コアギュランス」、略してラブレ菌と呼ばれています。ヨーグルトやチーズから摂取できる動物性乳酸菌に比べ、免疫力を向上させる力が強いことが研究により明らかになっています。

ラブレ菌の効果・効能

免疫力の強化
ラブレ菌が作り出す物質が、免疫力の向上に寄与することが研究により明らかになっています。継続的な摂取により、インフルエンザをはじめとする感染症の予防に効果が期待できます。
美肌効果
ラブレ菌は腸内環境を整える作用があります。老廃物や毒素の排出がスムーズにすすみ、お肌の状態をよくしニキビや吹き出物などが改善します。
アレルギー抑制効果
腸内環境が整うと、免疫バランスが改善していきます。ラブレ菌の摂取により免疫バランスの崩れにより起こるアレルギー症状を改善することができます。
コレステロール値の改善
ラブレ菌には悪玉コレステロールを減らし、正常に近づける作用があります。血管にかかる負担を軽減し、動脈硬化リスクを下げる作用が期待できます。
整腸作用
ラブレ菌は腸内で乳酸を作り出します。この乳酸が善玉菌を増やし、腸内フローラを整え下痢や便秘を改善します。

相乗効果がある成分

ラブレ菌を含む食べ物
すぐき漬け
1日に必要な摂取量(男性)
10億個
1日に必要な摂取量(女性)
10億個

ラブレ菌の副作用

特になし

ラブレ菌が含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース