ラクトフェリン

1939年、デンマークの博士によって牛乳の中赤ら赤い色をした成分として発見されました。
その後の研究で、鉄を結合する性質があることがわかりラクトフェリンと名付けられました。

ラクトフェリンは乳、涙、唾液、血液などに存在している感染防御機能を持ったたんぱく質で、鉄と結合する性質を持っている糖たんぱく質です。
強い抗菌力や殺菌力を持っていますので、細菌やウイルスの増殖を抑えます。

それだけではなく腸内に入ると悪玉菌の増殖を抑えて善玉菌を増やす働きがあり、腸内の環境を整えるという効果もあります。

ラクトフェリンの効果・効能

骨粗しょう症の予防
破骨細胞の働きを抑えて骨芽細胞やコラーゲンの生成量を増やす効果があるため、骨粗しょう症を予防することが できるのです。
貧血の改善
鉄吸収調整作用があるため。鉄と一緒に摂取することにより吸収があまり良くない鉄の吸収率を上げることができます。
老化を防ぐ
ラクトフェリンは活性酸素の過剰発生を抑える効果があることから、老化を予防することができます。
整腸作用
ラクトフェリンには腸内の善玉菌を増やす「プレバイオティクス」としての働きがあり、それが善玉菌の餌になることによって腸内の善玉菌(ビフィズス菌など)の数を増やします。
抗菌作用
ラクトフェリンは「ヘリコバクター」「ピロリ菌」などの胃潰瘍や胃がんの原因となる細菌に対し、強い抗菌作用を発揮します。
免疫力の向上
ラクトフェリンにはNK(ナチュラルキラー)細胞という免疫細胞を活性化させる働きを持っていて、がん細胞やウイルスに感染した細胞を見つけて攻撃することによって体を守ってくれます。
ドライアイの改善
涙の中には高い濃度のラクトフェリンが含まれていて、研究結果からラクトフェリンはドライアイに効果がある成分であることが分かっています。
ダイエット
ラクトフェリンを摂取すると脂肪の合成を押さえ、分解を促します。 そして中性脂肪やコレステロールの原因である「LPS(リポポリサッカライド)」を不活性化する働きがあります。 さらに脂肪分解酵素リパーゼの働きを阻害する物質「ペリリピン」の量を減らすことができます。
内臓脂肪を減少
脂ラクトフェリンは胃や小腸で分解されますが、内臓脂肪を減少させるためには胃で分解されずに小腸まで届く脂溶性のラクトフェリンの摂取が良いといわれます。

相乗効果がある成分

ラクトフェリンを含む食べ物
生乳
ナチュラルチーズ
1日に必要な摂取量(男性)
150mg
1日に必要な摂取量(女性)
150mg

出生後3日以内に飲む母乳に最も多く含まれているラクトフェリンは細菌から赤ちゃんを守る働きがあります。
母乳で育つ赤ちゃんの腸内の90%はビフィズス菌で満たされており、これはラクトフェリンによる効果だといわれ、多くの哺乳動物の乳に含まれている成分です。
ひとの母乳にも含まれ、特に出産後数日の初乳にもっとも多く含まれている、タンパク質の一種になります。

腸内環境が最適なことで赤ちゃんの便は大人の便のように臭くないのです。
ラクトフェリンが注目されたのは細菌の繁殖を抑え、免疫力をあげる作用があることからです。

さらにラクトフェリンは殺菌される前の牛乳(生乳)の中にも存在していて、生乳は牛の赤ちゃんを育てるための乳ですので、ラクトフェリンが含まれているということになります。
ところが生乳のラクトフェリンの濃度は人の母乳のおよそ10分の1で、人の母乳中のラクトフェリンのほうがかなり多いことが分かります。

ラクトフェリンが含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース