レシチン

体内全ての細胞膜に存在するレシチン。
脳にも存在しており、脂質の代謝、記憶の脳機能の働きに関係しています。
卵黄から発見された「レシチンホスファチジルコリン」という別名もあります。

肉体、遺伝子の再生をなどを行って、細胞膜を構成させるリン脂質の一種がレシチンです。
脂質の仲間ですが身体の身体のエネルギー源として働いています。
人間の身体に存在する60兆個の細胞内にすべてレシチンが含まれており、数あるリン脂質の中でも一番多く存在しているのがレシチンです。

レシチンは乳化作用を持っており、水溶性、脂溶性のどちらの栄養素とも混ざりあうことができるので、老廃物排出に役立ったリ乳化作用でコレステロールを柔軟にし、動脈硬化を防ぎます。

レシチンの効果・効能

記憶力、学習能力を高める
血液脳関門を通り抜けて脳細胞に到達し、記憶や認識機能、そして筋肉の動きをコントロールするなどさまざまな生化学的なやりとりを助けるため。
アルツハイマーや認知症を予防
記憶に関係した神経伝達物質「アセチルコリン」の生成を促し、記憶力を維持して学習能力を向上させたり脳細胞の破壊を最小限を抑えることができるため。
動脈硬化を予防
血中のコレステロールを溶かして、余分なコレステロールが血管壁に沈着するのを防いで、細胞内や血液中でのコレステロール値を調整するため。

相乗効果がある成分

レシチンを含む食べ物
大豆
卵黄
うに
うなぎ
銀杏
レバー
1日に必要な摂取量(男性)
3000mg~6000mg
1日に必要な摂取量(女性)
3000mg~6000mg

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース