ロイシン

必須アミノ酸の一つであるロイシンは、筋肉の成長に欠かせないBCAAという分岐鎖アミノ酸に分類されます。

必須アミノ酸の中では一日の必要量がもっとも多くなりますが、多様な食品(牛肉・レバー・ハム・牛乳など)に含まれているため、通常の食事で不足するということはほとんどありません。

ロイシンは筋肉の形成を促進させ喪失を防ぐとともに、肝機能を向上させる効果もあるとされています。

不足した場合、肝機能の低下やインスリンの分泌の減少、筋力の低下や疲労の蓄積などのさまざまな症状が現れます。

ロイシンの効果・効能

ストレスの緩和
ロイシンには、神経伝達物質であるエンドルフィンと同じような作用があります。疼痛の遮断や快楽物質の分泌にかかわり、ストレスの緩和に役立ちます。
肝機能を高める効果
必須アミノ酸であるロイシンは、肝機能を向上させる作用があることが分かっています。継続的な摂取により、酷使されがちな肝臓を守ります。
筋肉の強化
ロイシンにはタンパク質を活性化させる作用があります。タンパク質から作られる筋肉を運動や加齢から守り、健康的な筋肉を維持します。

相乗効果がある成分

ロイシンを含む食べ物
レバー
アジ
サケ
イカ
鰹節

乳製品
大豆製品
1日に必要な摂取量(男性)
1000mg
1日に必要な摂取量(女性)
1000mg

ロイシンの副作用

過剰摂取により血中のアンモニア濃度が上昇します。 持病のある人は病状を悪化させることがありますので、摂取前に医師に相談しましょう。

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース