α-リノレン酸

α-リノレン酸は健康に良い油の成分で体内のリン脂質にも含まれています。

人間の体では作ることができないため、食品から摂取する必要がある必須脂肪酸の「多価不飽和脂肪酸」で、オメガ3系脂肪酸に分類され、青魚に多く含まれているDHA、EPAと同じ分類になります。

α-リノレン酸は人間の体内で合成することができないだけではなく、不足すると脳、神経、皮膚などに影響が現れるため、食品からの摂取が必須となっています。

α-リノレン酸の特徴は、非常に酸化しやすいという点です。

α-リノレン酸の効果・効能

血流の改善、血栓予防
α-リノレン酸は体内に入るとDHAやEPAに変換されます。 これらは血液をサラサラにすることによって動脈硬化、心筋梗塞を防ぎます。また脳の働きを高めるだけではなく、脳細胞を活性化する働きもあります。
アレルギーを抑える
オメガ6系脂肪酸のひとつで、血中コレステロール値や中性脂肪値を一時的に低下させる働きがあります。アレルギーの原因のひとつである「リノール酸」に対して競合的に働きます。
老化予防
細胞の内外を隔てる細胞膜を、αリノレン酸が構成しています。細胞膜がしっかりしていることで、お肌や血管などのさまざまな老化を予防できます。
うつの症状を改善
健常者とうつ病患者のオメガ3系脂肪酸の蓄積量を調査した結果、うつ病患者のほうが明らかに低かったことが明らかになりました。
心血管疾患の初期予防
α-リノレン酸の血液サラサラ効果が、心臓・血管など循環器疾患の発症を予防します。血中の中性脂肪を下げる効果や、高血圧を予防する効果が血管や心臓への負担を軽減させます。
高血圧を抑える
α-リノレン酸からできるEPAには、血管を拡張させる効果があります。血液サラサラ効果とあいまって血液が流れやすくなり、血栓をできにくくし、高血圧を改善することができます。
皮膚、シワ、たるみを予防
α-リノレン酸の血液サラサラ効果により、血流が改善し基礎代謝がよくなります。お肌のターンオーバーが正常に働くようになり、しわやたるみなどの老化を改善できます。

相乗効果がある成分

α-リノレン酸を含む食べ物
えごま
しそ
くるみ
ほうれん草
1日に必要な摂取量(男性)
2g
1日に必要な摂取量(女性)
2g

α-リノレン酸の副作用

α-リノレン酸摂取量の増加が、前立腺がんのリスクになるという欧米での研究報告があります。

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース