肝油

鯨、タラ、そしてサメなどの肝臓から取れる油の総称をいい、以前は日本人の食生活で不足しがちだった「ビタミンA」「ビタミンD」を補給するための手段として多く使用され、戦後から1970年代後半には学校給食でも出されていました。

ところが味が生臭くて苦いために、「肝油球」や「肝油ドロップ」などの製剤が開発されました。

肝油の効果・効能

酸素
身体のすみずみにまでしっかり酸素を行き渡らせる働きがあるため。
血液をサラサラにする効果
肝油に含まれている「スクワレン」「オメガ3系脂肪酸」そして「スクアラミン」をしっかり取り入れることができるため。
肝臓病や高血圧の予防
身体の細胞組織を活性化して新陳代謝を高め、内臓機能を正常にするため。
脂肪を燃焼
血液中の中性脂肪の数値を下げることができるため。
アンチエイジング
肌の浸透力を高める働きがあるため。
肩こりや腰痛を改善
発痛物質の「ブラディキニン」や「プロスタグランディン」などの働きを抑えるだけでなく、酸素供給を増やす働きがあるため。

相乗効果がある成分

肝油を含む食べ物
ドロップ
サプリメント
1日に必要な摂取量(男性)
ドロップやカプセル、いずれの形態であっても1日1錠か1粒(摂取量上限のいっぱいまでビタミンAを多く含んでいる事が多いため)
1日に必要な摂取量(女性)
ドロップやカプセル、いずれの形態であっても1日1錠か1粒(摂取量上限のいっぱいまでビタミンAを多く含んでいる事が多いため)

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース