長命草

長命草とは九州から南に自生している多年草です。
ビタミン、ミネラル、カロテン、ルチンやクロロゲン酸などのポリフェノールなど栄養素を多分に含んでいます。
高い抗酸化力を持っており、体内のエイジング対策に役立ちます。

抗酸化作用の働きによってが動脈硬化や高血圧などの生活習慣病、がん予防になります。
長命草に含まれるビタミンCの働きによってメラニン生成を抑制し、抗酸化作用との相乗効果によって美肌に期待できます。
カルシウムやミネラルも豊富に含まれるため、貧血や骨粗しょう症予防にもなるので女性にとって嬉しい働きがあります。

長命草は沖縄では別名ボタンボウフウと呼ばれ、お茶や青汁、天ぷらにして食べられてきました。
長命草を1株食べるたびに1日長生きするといわれていたことと、沖縄の人の寿命が長いことが関係していると考えられてきました。

長命草の効果・効能

活性酸素を除去
「ルチン」「クロロゲン酸」が日常生活で発生した活性酸素を除去するため。
美肌効果
ポリフェノールとビタミンEの抗酸化作用で紫外線などによる活性酸素から肌細胞を守るため。
排尿を促す
溶く主成分「イソサミジン」が過剰に収縮した膀胱や前立腺の筋肉を緩めるため。
血流を改善
「イソサミジン」に高い血管拡張作用があり、血流が改善されるため。

相乗効果がある成分

長命草を含む食べ物
サプリメント
青汁
レスベラトロール
お茶
1日に必要な摂取量(男性)
1包~3包(青汁として)
1日に必要な摂取量(女性)
1包~3包(青汁として)

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース