ハスカップ

北海道の特産品であるハスカップは、古くから不老長寿の実として大切に食べられてきた果実です。抗酸化力の強いビタミンCやビタミンE、アントシアニンを含み、体を酸化から守ります。

ほかにも鉄分やカルシウムなどを含み、その含有量はフルーツの中でもトップクラスです。しかし傷つきやすく流通が難しいため、ほとんどが産地である北海道内から出ることはありません。

ブルーベリーよりも酸味のある味が特徴の、北の大地の恵みとして愛されています。お菓子やゼリーなどに使われるほか、最近ではサプリメントとしても人気があります。

ハスカップの効果・効能

貧血を予防
ハスカップはフルーツでもトップクラスの鉄の含有量を誇ります。また鉄の吸収を助けるビタミンCやクエン酸が含まれ、鉄をより効率的に吸収できます。
視機能を改善
ハスカップに含まれるアントシアニンが、目の網膜にある「ロドプシン」の再合成を促します。このサイクルがうまく回ることにより、目の負担が減り視機能が改善します。
美肌効果
ハスカップには複数の抗酸化物質が含まれています。継続的な摂取により細胞の老化を防ぎ、シミやシワのない美しい肌へと導きます。
骨や歯を丈夫にする
ハスカップには豊富なカルシウムが含まれています。骨粗しょう症や骨軟化症を防ぎ、健康な歯を保つ効果が期待できます。

相乗効果がある成分

ハスカップを含む食べ物
ハスカップ
1日に必要な摂取量(男性)
10g~30g
1日に必要な摂取量(女性)
10g~30g

ハスカップの副作用

特になし

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース