ラフマ

"ラフマとは中国に自生するハーブで、夾竹桃の仲間です。
ハーブの効果として精神安定や、高血圧予防、免疫力効果などの作用が期待できます。
ラフマをお茶にしたものをヤンロンティーといい、日本でも飲まれています。

原産地の中国ではラフマを研究されており、医薬品として認められています。
医薬品として認められている効果として、一番に上がっているのが精神安定です。
抗うつ作用に効果があり、ノルアドレナリンに作用しますが、セロトニンへの影響はないという実験結果が出ています。

カリウムやフラボノイドが含まれていることから、高血圧予防になります。
コレステロールや中性脂肪に対しても効果が見られ、動脈硬化や高脂血症などの生活習慣病予防になります。

ラフマの葉に抗菌作用が強いことで知られるカテキンが含まれ、口腔内の匂い消しや細菌やウイルス侵入予防になります。"

ラフマの効果・効能

精神を安定させる効果
精神不安定の原因となる過剰なノルアドレナリンの分泌を抑え、セロトニンの分泌を増やすため。
生活習慣病の予防改善効果
ラフマにはフラボノイドやカリウムといった成分が含まれており、これらの成分によって血圧が正常に維持され、高血圧の予防として効果があるため。
抗菌効果
ラフマの葉にはカテキンが豊富に含まれており、カテキンに抗菌効果があるため。
ラフマを含む食べ物
ラフマ
1日に必要な摂取量(男性)
特に規定なし
1日に必要な摂取量(女性)
特に規定なし

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース