マンガン

さまざまな酵素の構成成分になったり、いろんな酵素を活性することができる栄養素です。骨の形成・糖質や脂質の代謝に働く酵素・抗酸化作用のあるものの酵素の構成成分として、成長や生殖に大きくかかわっている栄養素です。

成人の場合、体内にだいたい12~30mgほど存在します。

マンガンの化合物には、二酸化マンガンや過マンガン酸カリウムなどがあります。二酸化マンガンはマンガン乾電池にも利用されます。

過マンガン酸カリウムは強い酸化作用があることで、酸化剤や油の漂白に使われています。

マンガンの効果・効能

骨や皮膚の形成
マンガンは骨や皮膚の代謝や生成に関わっています。継続的に摂取することで、病気やケガに負けない健康的な体を維持できます。
インスリンを合成する作用
マンガンはインスリンの糖代謝作用を助けます。継続して安定的に摂取することにより、血糖値を正常に保ち糖尿病の改善に役立ちます。
神経機能を正常にする作用
マンガンには学習や記憶など、神経機能を調整する作用があります。不足することでこれらの機能に影響が及び、異常を引き起こすことがあります。
抗酸化作用
マンガンには抗酸化作用があります。シミやシワなどの老化現象の原因となる活性酸素を除去し、若々しい体を保つ効果が期待できます。

相乗効果がある成分

マンガンを含む食べ物
ナッツ
全粒穀類
豆類
茶葉
モロヘイヤ
しょうが
しそ
1日に必要な摂取量(男性)
4mg
1日に必要な摂取量(女性)
3.5mg

マンガンの副作用

特になし

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース