マンゴスチン

マンゴスチンとはフルーツの女王と呼ばれている世界三大美果の一つです。
三大美果にはマンゴーやチェリモアがあります。
日本では栽培されていないので、販売されているものは海外製の冷凍品です。

マンゴスチンの皮に含まれる、ファイトケミカルのキサントンには抗炎症作用、抗ガン作用があります。
また心臓疾患にも効果があると研究が進められています。
原産地である東南アジアでは、皮膚疾患に有効な成分として石鹸などとして販売されています。

マンゴスチンの効果・効能

糖化、老化を防ぐ効果
筋肉や血管が固くなり、骨がもろくなるなど、老化の原因の1つである「糖化生成物(AGEs)」の蓄積を抑えるため。
免疫力を向上
マンゴスチンに含まれている「キサントン」が、ウイルスや細菌と戦う「NK(ナチュラルキラー)細胞」と呼ばれる免疫細胞を活性化させるため。
糖尿病を予防
マンゴスチンに含まれる「HCA(ヒドロキシクエン酸)」が、糖分や炭水化物を脂肪として蓄積するのを抑えてくれるため。
コレステロール値を低下
マンゴスチンに含まれる「パントテン酸」が善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らす働きがあり、コレステロール値を下げるため。
がん予防
「キサントン」「アントシアニン」「カテキン」など、さまざまな抗酸化物質が含まれているため、過剰に発生した活性酸素を抑制するため。

相乗効果がある成分

マンゴスチンを含む食べ物
ジュース
サプリメント
1日に必要な摂取量(男性)
30cc~90cc(ジュースとして)
1日に必要な摂取量(女性)
30cc~90cc(ジュースとして)

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース