本当にこれでタバコがやめられる?禁煙外来の治療方法とは

喫煙している方は、タバコをやめたくても、なかなかやめれないのが本当のところですね。
強い意志があっても、自分一人では難しい事があるかもしれません。

今、CMなどでもよく耳にする禁煙外来とはどのようなものなのでしょうか?
どういった治療法で禁煙できるのか、禁煙補助薬とはどんなものなのか、過程や保険適用などについても詳しくみていきましょう。

どのように治療するのか?実際の治療の流れ

まず「禁煙外来」がどのようなところかというと、病院で医師が身体的に、そして精神的にサポートをしてくれ、禁煙ができるように導いてくれます。

この禁煙外来では、
・医者のアドバイスを得ることができる
・禁煙補助薬を処方してもらえる
ので、禁煙の成功率が高まるのです。

処方される「禁煙補助薬」には、貼り薬、ニコチンを含まない飲み薬などがあります。

さっそくどのような流れで治療を進めていくかみていきましょう。

・初回
治療方法の説明、ニコチンの依存度、喫煙の状況、禁煙に対する関心度などのチェックがあります。
さらに呼気中の一酸化炭素濃度を測定します。
これらの問診の際、禁煙開始日の決定、「禁煙誓約書」にサイン、次回診察日の決定を行って、治療のための「禁煙補助薬」の処方を受けます。

・2回目の治療
初回から2週目に再診します。
この時には喫煙状況の問診を受け、呼気中の一酸化炭素の測定を行って、「禁煙補助薬」の追加処方を受けます。

・3回目と4回目の治療
この時にもやはり一酸化炭素の測定を行います。
それと合わせて出現した離脱症状を確認したり、離脱症状に対する対処法などのカウンセリング、治療を受けます。

・5回目の治療
これが最終日であり治療が終了ということになります。
禁煙に成功しているならば、そのまま継続するためのアドバイスを受けることになります。

病院と喫煙状況によって来院の間隔を調整することがあります。
ちなみに保険が認められている通院回数は、初診を含めて合計5回、期間はおよそ3か月です。

治療費が安くなる?保険適用になる治療

先ほど紹介した禁煙治療は、2006年4月より一部の施設にて保険適用になりました。

ただし4つの条件を全て満たし、医師が必要と認められた場合のみ、一定期間の禁煙治療の受診に保険が適用されます。

その4つの条件とは、
①「禁煙治療のための標準手順書」に記載されている、アンケートのようなスクリーニングテストの結果が5点以上で「ニコチン依存症」と診断される
②「ブリンクマン指数」が200以上
③1か月以内に禁煙することを希望する
④「禁煙治療のための標準手順書」に則った禁煙治療について説明を受けて、その禁煙治療を受けることを文書にて同意をする

になります。

ブリングマン指数とは、「1日あたりの平均喫煙本数」×「喫煙年数」の値。
喫煙が人体に与える影響は、これまでに吸ったたばこの量に関係しており、目安としてこの「ブリングマン指数」が使用さるのです。

そして最終的なニコチン依存症の診断に関しては医師が行います

またその条件以外にも、過去に健康保険などで禁煙治療を受けたことがあり、その初回診察日より1年経過していない場合は、自由診察、つまり「保険適用外」になるので注意しましょう。

さらに、喫煙本数が少ない人や喫煙を開始してから年数が少ない人に関しては、保険適用の条件を満たしませんので自由診察になります。

ただ、たとえ自由診察であっても禁煙治療の場合、かかる費用はおよそ6万円となりますので、タバコの購入代金と比較をすると安い金額になる場合もあるので、医療機関を調べることも必要ですね。

タバコ代と禁煙治療の費用を比較!

治療に使われる薬を紹介!

現在、日本で承認されて治療に使用されている「禁煙補助薬」は一般の薬局でも購入できる「ニコチンガム」「ニコチンパッチ」があります。

また飲み薬としては「チャンピックス」が使用されています。こちらは一般の薬局で購入することはできません。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

・チャンピックス
禁煙外来で処方される薬の大部分が「チャンピックス」となっています。
ニコチンは含まれておらず、体にタバコを吸ったように勘違いを起こさせる薬です。

ですからニコチンが切れた時のつらさを軽減できる効果がありますし、何とタバコそのものの煙が嫌になるという作用もあります。
この「チャンピックス」は、禁煙を開始する1週間前より飲み始めて12週間服用することになります。
副作用は、人によっては吐き気や胃痛、眠気などの症状がみられる場合があります。

もし吐き気が起こる場合には、12週間の治療期間の最初から「吐き気止め」を処方されます。

また「チャンピックス服用中の車の運転は禁止」という警告が出されており、発売メーカーによると、過去に日本で40万人の処方実績の中で2名がチャンピックスを服用中に意識障害を起こして交通事故を起こしました。
これはごくまれな副作用になりますが、念のために運転は控えることがおすすめです。

・ニコチンガム
全国の薬局やドラッグストアで購入することができます。
ニコチン離脱症状が出た段階で服用するので、量やペースを自分でコントロールすることができるのです。

早く噛んでしまうと、唾液が多く出て、ニコチンと一緒に飲み込まれてしまうため、ゆっくり15回程度噛んだ後、ほほと歯ぐきの間にしばらく置いてください。

それを何度か繰り返し、30~60分かけてゆっくり噛むようにしましょう。

・ニコチンパッチ
これはニコチンを皮膚から持続的に吸収させることにより、「ニコチン離脱症状」を緩和して喫煙に対する欲求を抑えるものになっています。

ニコチンパッチは貼ったと同時に禁煙を開始することになります。
皮膚に貼るものになりますから、人によっては肌がかぶれることがありますし、頭痛が起こるなどの副作用があります。

このニコチンパッチは、処方されるのと同じものを薬局でも購入できるんですが、市販のニコチンパッチで禁煙がうまくいかず、病院を訪れて再びニコチンパッチで禁煙に成功したという人がたくさんいます。

なぜかというと禁煙補助薬を処方されるだけでなく医療機関のサポートを受けることができるから。
自分一人で禁煙が難しいという人は、適切なアドバイスをくれる禁煙外来がおすすめです。

まとめ~タバコに買うのと同じくらいの値段で禁煙治療ができる!~

禁煙外来では薬だけでなく、医師の指導があってこそ、禁煙が成功していくことが分かりましたね。

禁煙補助薬には何種類かあり、まれに副作用もでることから、やはり医師に相談しながら、続けていくことがいいこともわかりました。
また、保険が適用される場合もあるので、喫煙するよりも安く禁煙ができることもあるでしょう。
なかなか一人では禁煙できない方も、禁煙外来を利用してみるといいかもしれませんよ。

関連記事

人気のキーワード

ランキング

最新記事

幸せサプリ