健康食ブームの火付け役?タニタ食堂のメニューと栄養を考える

みなさん、タニタ食堂をご存知ですか。少し前にタニタの社員食堂が話題となりました。
その理由は、ダイエットに効果的で、なによりも身体にいいメニューが豊富だからです。

普段の食生活は、私たちの身体に直接つながってくるので、食生活には気をつけ、たまに見直すことが大切ですね。
このタニタ食堂をきっかけに食生活を見直す人が増えたことでしょう。

今回はそんなタニタ食堂がブームになったきっかけや食生活とのつながりなどをみていきましょう。

タニタの社員食堂から始まったブーム!なぜ人気がある?

タニタの社員食堂が発端で注目されるようになった「タニタ食堂」は、オープンして1週間が過ぎても長い行列が続き、整理券が配られるほどの人気店とになりました。
人気の理由は、年齢を問わず幅広い世代のニーズに合ったメニューが提供されていることにあります。
タニタ食堂がある丸の内はオフィス街で、幅広い年齢層が訪れることができます。

さらにタニタ食堂の社長が「1か月で確実に体重を落とすことが出来る」と取材陣にアピールしたことも人気の理由の1つでしょう。

タニタ食堂には茶碗の内側にご飯をよそう時のラインが引いてあったり、タイマーなどのアイテムがあり、食事をゆっくりと食べるように気をつけることが出来ることから、とても健康的に食事を摂ることができ、全ての食事のメニューが低カロリーであることも人気となっています。
食事は常駐している管理栄養士により管理されていて、無料で食事や健康についてのアドバイスを受けることもでき、栄養バランスが良い食事をおいしく食べて太らないというのは嬉しいですね。

定食なのに500kcal台!低カロリーなのにおいしい理由

人気が高いタニタ食堂の定食は満腹感を味わうことができるだけではなく、摂取カロリーはたった500kcal
タニタ食堂で作られている定食は栄養バランスに配慮して作られるため、健康にとても良い食事です。

一般的な食堂の定食やファミリーレストランのメニューであれば800~1000kcalなどのカロリーが高いものが多いです。
例えば牛丼であれば758kcal、カレーライスで705kcal、そしてハン バーガーとポテト、コーラのセットで1150kcalもあります。

ところがタニタ食堂では、本来であれば揚げるところを茹でたり焼くなどの調理法にしたり、具材はなるべく大きくカットするようにして固めにすることによって噛む回数を増やして満腹感を早い段階で得られるようにするなどの様々な工夫がされています。
またダイエット時の必要な栄養素にもたかいこだわりがあり、塩分を3gほどに抑えて、1日に成人が必要な野菜の摂取量を達成できるようにと、たっぷりの野菜を使用しています。

レシピ本やコラボ商品まで!タニタ食堂のレシピを紹介

タニタ食堂の人気からレシピ本や、パンや持ち帰り弁当などのコラボ商品まで発売されるようになりました。

低カロリーでありながら、おいしく食べることが出来るタニタ食堂のメニューをぜひ食べてみたいですね。

そこでタニタ食堂のレシピをご紹介しましょう。

1.鮭ときのこの包み蒸し
◎材料(2人分)→1人分187kcal
・生鮭→100g×2切れ
・玉ねぎ→2分の1個弱
・しいたけ→3枚
・にんじん→10分の1本
・えのき茸→2分の1袋弱
・まいたけ→2分の1パック弱
・万能ネギ→2.5本
・ぎんなん(水煮)→6粒
・塩→少々
・酒→小さじ1強
・ポン酢しょう油→大さじ1強
◎作り方
・玉ねぎ、しいたけはスライスに、にんじんは細切りにします。
・え のき茸、まいたけは石づきを除いてほぐします。
・万能ネギは小口切り、ぎんなんは水気を取ります。
・生鮭は塩をふります。
・クッキングシートに玉ねぎ、鮭を重ねて入れてキノコ類とにんじん、ぎんなんをのせて酒を振ります。
・クッキングシートの両端をねじってキャンディ包みにして、蒸し器で10分~15分蒸します。
・包みをあけてポン酢しょう油をかけ、万能ねぎをちらして完成です。

2.大根とねぎのピリ辛和え
◎材料(2人分)→1人分17kcal
・大根→12分の1本
・長ネギ→10分の1本
・しらす干し→10g
・酢→小さじ1強
・しょう油→小さじ3分の2
・七味唐辛子→少々
◎作り方
・大根は細切りに、長ネギはみじん切りにしてさっ と茹でます。
・ボウルに大根と長ネギ、しらす干しを入れて酢としょう油で和えます。
・器に盛って七味唐辛子を振って完成です。

3.れんこんの煮物
◎材料(2人分)→1人分49kcal
・レンコン→4分の1節
・にんじん→10分の1本
・さつま揚げ→8分の1枚
・切り昆布(乾)→16g
・だし汁→100cc
・砂糖→小1強
・みりん→小3分の2
・しょう油→小1と3分の2
◎作り方
・レンコンは乱切りに、にんじんとさつま揚げは短冊切りにします。
・切り昆布は水で戻します。
・鍋にだし汁、砂糖、みりん、しょう油を沸かします。
・レンコン、にんじん、さつま揚げ、切り昆布を入れて煮汁がなくなるまで煮たら完成です。

まとめ~社長もやせると太鼓判のタニタ食堂レシピで健康になろう!~

タニタ食堂で提供される定食はどれも低カロリーで、塩分なども低く作られているため、多くの人が自分の食生活を見直すきっかけになっているのではないでしょうか。

また、タニタ食堂の食事はダイエットにも有効なため、本なども出版され、いま注目されています。

ご紹介したレシピや普段の食事のカロリーや塩分などを少し控えたりして、みなさんもからだにいい健康的な食事につなげましょう。

関連記事

人気のキーワード

ランキング

最新記事

幸せサプリ