「関節痛に効く」→「キビキビサポート」?サプリメント広告の天敵、薬事法の厳しい規制を解説

昨今の健康ブームの中で、サプリメントや健康食品の消費も増えています。

しかし、これらの説明や宣伝の中で表現が問題となり、薬事法違反で摘発される事件も起きていますし、インターネットでリンク先や検索誘導による「リンク商法」というものも問題になっています。

シロウト目には違いがわからない場合も多いのですが、なぜこのような規制があるのでしょうか。

サプリメントの広告が規制されるのはなぜ?薬事法の基本的概念

化粧品やサプリメント、健康食品などに関わる仕事をしている人は「薬事法」を考慮した広告への表現で悩んでいます。

例えば、

・「痩せる」と言い切ってはダメ。
・「アンチエイジング効果がある」と明記してはいけない。
・「これでニキビが治った」という表現をしてはいけない。

などの細かい規約があるのです。

「薬事法」の目的ですが、
・医薬品
・医薬部外品
・医療機器
・化粧品

の4種類についての品質や有効性、安全性の確保のために、必要な規制を行うことにあります。

それに伴って「医薬品」などの製造や販売、流通に関する規定はもちろんのこと、表示や広告、薬局の開設に関する内容などについても定める法律です。

「薬事法」の対象となる4種類は以下の通り。

①化粧品(美容を目的とするもので作用が緩やかなもの)
「美しく見せる」「隠す」
スキンケア商品、メイクアップ商品、シャンプー、リンス、石鹸、基礎化粧品など

②医薬部外品(医療品と化粧品の中間の位置にあたるもの)
「防ぐ」
薬用化粧品、薬用石鹸、育毛剤、除毛剤、浴用剤など

③医薬品(病気の治療を目的としているもの)
「治す」
医師が処方する薬、薬局で購入できる風邪薬、胃腸薬、目薬。滋養強壮剤などの市販薬

④医療機器(疾病の診断や治療、予防にしようされるもの。体の構造や機能に影響を及ぼすことが目的になっている器具)
「体に影響を及ぼす機器」
磁気治療器、電気マッサージ器、体温計、補聴器、血圧計など

このように、厚生労働省が定める「薬事法」のもとに管理されているのです。

使うことのできる表現は細かく決められていて、それぞれ定められた範囲内で表現をしているかどうかというのが判断基準になります。

広告についても一番のグレーゾーンとなるのが、「医薬部外品」「化粧品」です。

「サプリメント」や「健康食品」は、厳密には「薬事法」の対象に含まれませんので別物になります。

ただ、「医薬品と間違えられる」「効果があるという解釈によって、適切な治療を受ける機会を逃してしまう」ということを避けるために、「薬事法」で取り締まるのです。

「サプリメント」を含む食品の表示や広告などは、医薬品的な効能や効果の記載については注意しなければなりません

この「効果」や「効能」の表現の範囲についてご紹介しましょう。

・栄養補給を目的にした表現
・健康や美容の維持を目的にした表現
・健康の増進を目的にした表現

以上の表現はOKです。

逆に次のような効果や効能の表現は、してはいけません。

・体の組織機能の一般増強や増進を主に目的にする効能や効果
・疾病の治療や予防を目的にする効能や効果
・医薬品的な効能や効果の暗示

基本的に「維持」や「補う」はよいのですが、

・治す
・予防
・増強
・増進

がダメということです。

つまり、変化を言い切る表現は全て、してはいけない表現になりますね。

医薬部外品と化粧品では表現範囲が違う!それぞれで使える表現を検証

上記でもご紹介したように、「化粧品」は「美しく見せる」「隠す」ことが対象ですが、「医薬部外品」は「防ぐ」というところまでが範囲となっています。

ということは、表現ができる範囲は「医薬部外品」のほうが少し緩和されている、ということ。

医薬部外品の中でも「薬用化粧品」は薬用効果をもってうたわれる化粧品類似の製品で、「薬用化粧品」としての承認が必要です。

それ以外の化粧品は薬理作用により効能や効果が認められたものではありませんので、そのような表現はできません。

では、「化粧品」と「医薬部外品」ではどのような表示ができるのでしょうか。具体例を挙げてみましょう。
◆「医薬部外品」の表示
【口中清涼剤】
・口臭
・気分不快

【腋臭防止剤】
・わきが
・皮膚汗臭
・制汗

【てんか粉剤】
・あせも
・おしめ
・かぶれ
・ただれ
・股ずれ
・かみそりまけ

【育毛剤】
・育毛
・薄毛
・かゆみ
・脱毛の予防
・毛生促進
・発毛促進
・ふけ
・病後、産後の脱毛
・養毛

【除毛剤】
・除毛

【染毛剤毛髪の染色や脱毛、脱染を目的とする外用剤】
・染毛
・脱色
・脱染
(「染毛剤」は毛髪を単に物理的に染色するものに関しては医薬部外品に該当しません。)

【パーマネント、ウェーブ用】
・毛髪にウェーブをもたせ、保つ
・くせ毛、ちぢれ毛、またはウェーブ毛髪をのばし、保つ

【薬用歯磨き類】
・歯を白くする
・口中を浄化する
・口中を爽快にする
・歯周炎(歯槽膿漏)の予防
・歯肉(齦)
・炎の予防
・歯石の沈着を防ぐ
・むし歯を防ぐ
・むし歯の発生および進行の予防
・口臭の防止タバコのヤニ除去

◆「薬用化粧品」の表示
【シャンプー】
・ふけ、かゆみを防ぐ
・毛髪、頭皮の汗臭を防ぐ
・毛髪、頭皮の清浄にする
・毛髪をすこやかに保つ
・毛髪をしなやかにする

【リンス】
・ふけ、かゆみを防ぐ
・毛髪、頭皮の汗臭を防ぐ
・毛髪の水分、脂肪を補い保つ
・裂毛、切毛、枝毛を防ぐ
・毛髪、頭皮をすこやかに保つ
・毛髪をしなやかにする

【化粧水】
・肌あれ、あれ性
・あせも、しもやけ、ひび、あかぎれ、にきびを防ぐ
・油性肌
・かみそりまけを防ぐ
・日やけによるしみ、そばかすを防ぐ
・日やけ、雪やけ後のほてり
・肌をひきしめる
・肌を清浄にする
・肌を整える
・皮膚をすこやかに保つ
・皮膚にうるおいを与える

【クリーム、乳液、ハンドクリーム、化粧用油】
・肌あれ、あれ性
・あせも、しもやけ、ひび、あかぎれ、にきびを防ぐ
・油性肌
・かみそりまけを防ぐ
・日やけによるしみ、そばかすを防ぐ
・日やけ、雪やけ後のほてり
・肌をひきしめる
・肌を清浄にする
・肌を整える
・皮膚をすこやかに保つ
・皮膚にうるおいを与える
・皮膚を保護する
・皮膚の乾燥を防ぐ

【ひげそり用剤】
・かみそりまけを防ぐ
・皮膚を保護し、ひげをそりやすくする

【日やけ止め剤】
・日やけ、雪やけによる肌あれを防ぐ
・日やけ、雪やけを防ぐ
・日やけによるしみ、そばかすを防ぐ
・皮膚を保護する

【パック】
・肌あれ
・あれ性
・にきびを防ぐ
・油性肌
・日やけによるしみ、そばかすを防ぐ
・日やけ、雪やけ後のほてり
・肌をなめらかにする
・皮膚を清浄にする

◆「化粧品」の表現範囲
【頭皮、毛髪】
・頭皮、毛髪を清浄にする
・香りにより毛髪、頭皮の不快臭を抑える
・頭皮、毛髪をすこやかに保つ
・毛髪にはり、こしを与える
・頭皮、毛髪にうるおいを与える
・頭皮、毛髪のうるおいを保つ
・毛髪をしなやかにする
・クシどおりをよくする
・毛髪のつやを保つ
・毛髪につやを与える
・フケ、カユミがとれる
・フケ、カユミを抑える
・毛髪の水分、油分を補い保つ
・裂毛、切毛、枝毛を防ぐ
・髪型を整え、保持する
・毛髪の帯電を防止する

【皮膚】
・(汚れをおとすことにより)皮膚を清浄にする
・(清浄により)ニキビ、アセモを防ぐ(洗顔料)
・肌を整える
・肌のキメを整える
・皮膚をすこやかに保つ
・肌荒れを防ぐ
・肌をひきしめる
・皮膚にうるおいを与える
・皮膚の水分、油分を補い保つ
・皮膚の柔軟性を保つ
・皮膚を保護する
・皮膚の乾燥を防ぐ
・肌を柔らげる
・肌にはりを与える
・肌にツヤを与える
・肌を滑らかにする
・乾燥による小ジワを目立たなくする
・ひげを剃りやすくする
・ひげそり後の肌を整える
・あせもを防ぐ(打粉)
・日やけを防ぐ
・日やけによるシミ、そばかすを防ぐ

【オーラルケア】
・ムシ歯を防ぐ
・歯を白くする
・歯垢を除去する
・口中を浄化する
・歯のやにを取る
・歯石の沈着を防ぐ

それ以外にも、「化粧品くずれを防ぐ」「小じわを目立たなく見せる」「みずみずしい肌に見せる」などのメーキャップ効果や「清涼感を与える」「爽快にする」などの使用感を表示して広告することは、事実に反しないかぎりは可能です。

基礎化粧品についても、メーキャップ効果や使用感が事実であれば表現することができます。

この表現はNG?OK?サプリメント広告で使われる実際例を紹介

サプリメントでありがちな広告表現をご紹介しましょう。

①《(サプリメント名)なら飲むだけで抜群の美白効果。輝く美肌に》
②《難聴、耳鳴り改善。雑音や音が聞こえづらいとお悩みの方へ》
③《こんな症状に悩んでいませんか?「この頃、音が聞こえにくい」「フラフラして気持ち悪い」「キーン」や「ゴー」などの雑音》

①~③の表現はOKでしょうか、それともNGでしょうか。

①は「NG」です。
サプリメントなどの健康食品に認められた効果の範囲を超えているためです。
健康食品の場合は肌についての効果を表現することはできません。

②と③も、全体が「NG」の表現である可能性があります。

「医薬品医療機器等法」ではサプリメントなどの健康食品について、疾病の治療や予防に役立つことを説明するなど、医薬品のような効能や効果を暗示させる表示や広告することは禁止しているのです。

ですから、②と③のような「難聴」「耳鳴り」の改善に効果を得られるというような表現は、疾病の治療や予防を目的とした表現として医薬品的な効能や効果を標榜していますので、「NG」となってしまいます。

サプリメントなどの健康食品で表現ができる範囲は「維持」や「補う」までです。

「治す」「予防」「増強」「増進」のような、変化を言い切る表現をしてはいけません。

◆サプリメント表示のNG例とOK例
×⇒貧血改善
○⇒フラフラ、もしかして鉄不足

×⇒脳卒中の後遺症でお困りの方
○⇒生活習慣の改善

×⇒新陳代謝を高める
○⇒しょうがのパワー

×⇒もたれた胃がすっきり
○⇒昨日食べ過ぎたと思った時に

×⇒錆びない体
○⇒若々しくいたい

まとめ~サプリメントのわかりにくい表現は薬事法規制のため。効果の真意を探ってサプリメントを選ぼう~

サプリメントや健康食品は薬事法の管轄には含まれておらず、ただ、表現によっては医薬品と間違えられやすいという点で、取り締まりの対象となっているのですね。

基本的に「維持」「補助」を目的としたモノなので、「これで治る!」という表現は違反となるわけです。

ですから、サプリメントには医薬品のような治療効果を求めるのではなく、人間が本来持っている自然治癒力や免疫力を高めるためのひとつの手段と捉えるべきなのではないでしょうか。

関連記事

人気のキーワード

ランキング

まだデータがありません。

最新記事

幸せサプリ