太っている=メタボではない!皮下脂肪と内臓脂肪の違いを知ってる?

最近、人間ドッグなどでも注目されるのがメタボですね。
太っている人は、みんなメタボと思うかもしれませんが、実はそうではないんです。
メタボを判定する脂肪には2種類あって、きちんと見分けることもできます。
今回は、2種類の脂肪の違いや見分け方などをご紹介します。

体につく脂肪にも2種類ある!皮下脂肪と内臓脂肪の違いは?

体につく脂肪には2種類あり、「皮下脂肪」と「内臓脂肪」があります。
痩せた人が「お腹がぽっこり出ているから内臓脂肪が多い」と思う人もいるかもしれませんが、実はそうではないのです。
皮下脂肪は、皮膚の下につく脂肪のことで本来は断熱材の役割をしており、暑さや寒さから体を守ってくれますので、皮下脂肪は少なければよいというものではありません
またこの皮下脂肪は女性がつきやすい脂肪で、「付きにくく燃焼しにくい」という性質があります。

そして内臓脂肪は内臓の周りにつく脂肪で、内臓を保護するクッションや非常時の栄養源として蓄えられるものです。
この内臓脂肪は女性よりも男性がつきやすい脂肪で、「付きやすく燃焼しやすい」という性質があります。
皮下脂肪も内臓脂肪も日常生活の食事生活や生活習慣、そして運動量の違いにより付いてしまう脂肪ですが、生活習慣で付きやすいのは内臓脂肪です。

では皮下脂肪と内臓脂肪はどのように見分けるのでしょうか。

簡単な見分け方があります。
まっすぐに立った状態で、お腹にぐっと力を入れます。
そして力を入れたままの状態でお腹の肉をつかみます。
手でつかめた部分が「皮下脂肪」なのですよ。
手で皮下脂肪をつかんでいても内側がぽっこりしているのであれば、その部分が「内臓脂肪」となります。

お相撲さんはメタボではない!内臓脂肪が多い人のリスクとは?

皮下脂肪と内臓脂肪はいずれも体脂肪のことですが、糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病やメタボリックシンドロームのリスクが高いのは内臓脂肪なのです。
内臓脂肪が増えすぎてしまうと、脂肪細胞から 糖尿病、心筋梗塞や脳卒中などの動脈硬化性疾患を引き起こす悪玉物質が多く分泌されて、血糖値をコントロールしやすくしたり動脈硬化を抑える善玉物質の分泌が減少します。
ちなみに皮下脂肪は皮膚の下にある脂肪のことで、生活習慣病との直接的な関係は薄いとされています。
また内臓脂肪は皮下脂肪と比べると生理活性が高く、付きやすくて落ちやすいという特徴になります。
お相撲さんを例に挙げると、お相撲さんは毎日かなりの量の食事を摂り、たくさん寝て脂質を脂肪細胞の中にどんどんと取り入れて脂肪細胞を膨らませていき、
そうなると内臓脂肪が蓄積して、その後は皮下脂肪が増えます。
運動をすることによって内臓脂肪はどんどん燃焼し、この結果、皮下脂肪のみが蓄積していくのです。
つまりお相撲さんはメタボリックシンドロームではなく、実は内蔵脂肪 が多い痩せ型の人のほうが病気にかかるリスクが高いということになります。

では内臓脂肪が引き起こす生活習慣病をご紹介しましょう。

1.糖尿病
血糖値が異常に高くなる病気で、のどが渇いたり尿が大量に出るなどの症状が現れます。

2.脂質異常症
血中の脂質量が極端に多い状態で自覚症状がないものの血管にコレステロールが溜まり、動脈硬化の原因になります。

3.動脈硬化
動脈の内壁が厚くて硬くなった状態で、痛みはないものの、血行が悪くなって血栓ができます。
血管が詰まると脳梗塞や心筋梗塞を引き起こしてしまいます。

4.梗塞(心筋梗塞、脳梗塞)
脳や心臓の動脈が閉塞する病気で、手足の麻痺や意識障害が起こります。
脳や心臓の細胞が壊死し ていくことから、寝たきりになったり命を落とす場合もあります。

あなたはどっちのタイプ?メタボか肥満か見分ける方法とは?

自分の脂肪が皮下脂肪か内臓脂肪かを分かっている人はどれくらいいるでしょうか。
実は簡単な方法でチェックできますので、確認してみてください。
まずおへその周りにあるお肉を手でぎゅっと掴みます。
次に掴んだ状態でお腹がまだ出っ張っているかどうかをチェックします。

結果、
・分厚くつかめるほどに肉はなく、お腹も出ていない→お腹まわりの脂肪は少ない状態
・分厚くつかめる肉はあるものの、それを除けばお腹は出ていない→皮下脂肪が多い
・つかめる肉はそれほどなく、お腹全体が出っ張っている→内臓脂肪が多い
・分厚くつかめる肉があり、つかんだ状態でもまだお腹が出っ張っている→皮下脂肪と内臓脂肪ともに多い

この方法であれば簡単に 、そしていつでもチェックできますね。

まとめ~やせていてもポッコリおなかなら要注意!メタボの危険性を再認識しよう~

皮下脂肪は多くても内臓脂肪が少ないお相撲さんや、皮下脂肪は少なくても内臓脂肪が多いヤセ型の隠れ肥満の人など同じ太った人にも、要因があることがわかりましたね。
実は内臓脂肪が多い方のほうが生活習慣病リスクは高いということもわかりました。
まずは、自分でチェックしてみて、メタボ予防をしていきましょう。

関連記事

人気のキーワード

ランキング

最新記事

幸せサプリ