自由診療と保険診療の違い、それぞれのメリットデメリットとは?

私たちは、普段病気になったり怪我をした時に、当たり前のように健康保険証を持って病院に行きます。
なぜならば、健康保険証を提示することで、医療負担額が軽減されるからです。

これは、私たちが毎月健康保険料を支払っており、当然の権利として医療費を健康保険の運営団体(保険者)である国や保健機関にある程度の割合で負担してもらっているのです。
これを保険診療といいます。
一方、保険診療以外の診療、治療、診察などの医療行為を自由診療といいます。

これから先、年齢を重ねる毎に医療費がかさんでくるかもしれません。また、何かの折自由診療を選択する場面に遭遇するかもしれません。
そんなこれからの人生に、知っておくべき保険診療と自由診療との違い、それにまつわるメリットデメリットを見ていきましょう。

知らなかった?健康保険の存在意義

当たり前に使っている健康保険制度。自分がどの健康保険に加入しているのか、健康保険がどんな役割を持っているのか、確認しておきましょう。

私たち日本国民は、必ず公的医療保険に加入しなければなりません
これを『国民皆保険』といい、国民誰しもが医療を受けられる制度として加入を義務付けられています。

健康保険の種類は、各個人の職業や年齢によって分けられており、サラリーマンや公務員、船員、自営業などの職業と、退職したことで加入する健康保険は違い、また、収入や扶養家族の有無によって支払う保険料金も変わってきます。

知っての通り、医療機関で健康保険証を提示すると、年齢により医療費の負担額が0割~3割で済みます。
医療機関利用時に月一回は必ず提示しなければならず、受診時に忘れると10割負担しなければならなくなる仕組みです。
※医療機関にもよりますが、後の提示で差額は返還されます。

この国民皆保険は「いつでも」「どこでも」「誰でも」医療を受けられるという世界に誇れる日本の医療制度なのです。

健康促進のためにも活躍

健康保険の種類によって異なりますが、保険料の徴収や給付などを行っている保険者(健康保険組合や健康保険協会など)は、加入者の健康を維持するために、健康診断などの保健事業を行っています。
その他にも、定期的に保健指導の機関誌を発行したり、疾患予防の推進に取り組んだり、一定額の家庭用常備薬の提供をしたりと健康促進に取り組んでいます。

このように医療費の負担だけではなく上記のような健康促進サービスを受けることができるのです。

健康保険に加入をしている私たちは、多額の医療費を払わずに医療を受けることができ、健康のための健康診断も受けることができるのですね。

先述の通り、私たちは健康保険料を毎月支払っています
ほとんどの方がお給料からの天引きなのではないでしょうか。
ご自分が払っている健康保険料がいくらなのか知らない方も多いかもしれませんね。

これを機会に、給料明細等で健康保険料を確認しておきましょう。

自由診療と保険診療の違い

自分が加入する健康保険により決まった保険料を毎月支払うことで、保険診療の権利を得られます。
健康保険を適用できる診療を保険診療といい、逆に健康保険適用外の診療を自由診療といいます。

健康保険が適用されない自由診療とは一体どんな診療なのか、保険診療と何が違うのか見ていきましょう。

どんな時にこの『自由診療』という言葉を聞いたことがありますか?ニュースやドラマ、もしかして身近な医療現場で聞いたことがあるかもしれませんね。
自由診療とは、先述の通り保険が適用されない診療のことです。
保険診療では医療費の0割~3割の負担で済みましたが、自由診療では医療費の10割、100%全額自己負担なのです。

ほとんどの医療が保険適用ではあるのですが、保険適用の利かない自由診療を受けざるを得なくなると、診療代金は各医療機関が自由に決めてい良いこともあり、かなりの高額費用がかかることになります。

自由診療としては、厚生労働省が承認していない薬や治療、自然分娩の出産、美容整形、歯列矯正などがあります。

自由診療と先進医療の関係

先進医療とは、厚生労働省が定める高度な医療技術を用いた治療のことであり、保険適用外の全額自己負担の治療となります。

例えばガンなどの治療は、日進月歩であり日々研究が重ねられ様々な治療や新薬が出てきますが、日本での認可が下りるまでにはとても時間がかかります
日々進行するガン治療をしている患者さんは待つことができずに、保険の適用ができないそういった治療を自由診療で受けることになってしまうのです。

自由診療で特定の医療を受けることになると、それに付随する保険が適用される治療も自由診療としなければならず、全て自由診療となり高額の費用が必要となります。

しかし、保険適用外の最新治療が先進医療と国が承認した場合、その治療のみ自由診療でその他の治療は保険が適用されるようになり、混合医療となります。
すなわち、先進医療にかかる費用は全額負担になりますが、通常の治療と共通する診察や検査、入院費、お薬などの費用は保険診療が適用されるのです。

保険診療への導入が決まったり、先進医療から外されたりと、先進医療情報は日々変化しているので、自由診療を受けられる際には先進医療か否か確かめる必要がありますね。

また、先進医療に適用できる民間保険や、範囲は狭まりますが決まった自由診療のみ適用可能な民間保険があるので、個人的に加入を検討しても良いかもしれません。

自由診療と保険診療のメリットデメリット

自由診療のメリット

●自分の体調や希望に沿ったきめ細かい治療が受けられる。
●先進医療など最先端の治療を受けることができる。
●高額になるので、じっくりと診察してもらったり、高品質の材料を使用したりと、医療の質が高まることも。
●医療費控除の対象となることがあるので、一年間に10万円以上医療費の支払いがある場合には要確認。

自由診療のデメリット

●医療費の幅があるので、納得する治療内容や医療費の医療機関を探さないといけない。
●自由診療を受けることになると、その中で行われる健康保険が適用できる診療も自由診療となり、混合診療がNG。
(ただし、先進医療と保険診療との混合診療は可能。)
●最先端の治療を受けられるが、副作用や不測の事態の対応が確立していないためリスクを伴うことも。
●たいへん高額になるため、お金持ちしか受けることができない。
●医療機関側が自由に価格を設定できるので、必要以上に高額な医療費を請求されるケースも。
●医療費がいくらかかっても、高額療養費制度がが適用されない。

保険診療のメリット

●健康保険証を提示すれば、医療費の0割~3割の負担で済む。
●どの医療機関に行っても同じ一定の診療ならば一定の医療費。
●一か月に一定額以上の医療費がかかった場合、超えた分の医療費を支給してくれる高額療養費制度が受けられる。
●一年間で10万円以上の医療費を支払っている場合は、医療費控除ができる。
●健康促進のための各種サービスを受けられる。

保険診療のデメリット

●保険証を毎回(毎月)提示しなければならず、忘れたら一旦全額負担しなければならないことも。
●必要最低限の治療しか受けられない。

まとめ~自由診療を受ける理由は人それぞれ。メリットデメリットを理解して、納得できる受診を~

普段の生活では、縁遠い自由診療。しかし、万が一自由診療を選択しなければならない状況になった時、受けようとしている自由診療は本当に求めている医療なのか判断に迷うことがあるかもしれません。
納得のいく医療を受けるためにも保険診療の仕組みを知り、自由診療のメリットデメリットを理解した上で、信頼できる医療機関に出会いたいものですね。

関連記事

人気のキーワード

ランキング

最新記事

幸せサプリ