メロングリソディン

メロングリソディンとは、南フランスのアヴィニヨン地方で栽培されているヴォーウルシアンを品種改良したメロンから採取される、特別な成分の名称です。

この種のメロンには、腐りにくいという特徴があります。

メロングリソディンは抗酸化作用が強く、SOD酵素を活性化する作用があります。ヨーロッパでは国や大学での研究が進んでおり、世界30か国以上で利用されています。

普通のメロンの8倍というたいへん高い抗酸化力は、美容を気にする人や元気で過ごしたい人におすすめの成分だといえるでしょう。

メロングリソディンの効果・効能

美肌効果
メロングリソディンは、海外で皮膚の健康を保つために皮膚科や形成外科で利用されています。お肌の弾力や水分量の保持、シミやシワの予防などに効果を発揮します。
老化防止
体内に取り込まれた酸素が別の物質と結びつき、体を錆びさせる活性酸素を発生させます。メロングリソディンには、活性酸素の発生を抑え老化を予防する作用があります。

相乗効果がある成分

メロングリソディンを含む食べ物
ヴォークルシアン種メロン
1日に必要な摂取量(男性)
250mg
1日に必要な摂取量(女性)
250mg

メロングリソディンの副作用

特になし

メロングリソディンが含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース