メチオニン

メチオニンは体内で合成されない必須アミノ酸のひとつです。硫黄を含んだ含硫アミノ酸であり、食品から摂取する必要があります。

アレルギーを引き起こす要因となるヒスタミンの血中濃度を低下させる働きがあるほか、肝臓で毒素や老廃物を排出したり、代謝を促進するなどの作用があります。

メチオニンが不足すると肝機能が衰えてしまうことになり、血中コレステロールが増加し動脈硬化や抜け毛などの症状を引き起こ
します。なおメチオニンはアルコールの過剰摂取により肝臓で大量消費されてしまいますので、継続的な飲酒には気をつける必要があります。

メチオニンの効果・効能

肝機能を高める作用
メチオニンには肝臓の老廃物などの排出を促す作用があります。肝機能を正常に保ち、脂肪肝や肝硬変などのリスクを下げます。
うつの症状を改善する作用
メチオニンは数ある神経伝達物質の材料となります。メチオニンの継続的な摂取により、セロトニンやドーパミンなどの分泌が安定し、うつ症状の改善が期待できます。
老化防止作用
メチオニンは抗酸化物質を運ぶ役割を持っています。また加齢とともに衰えるエネルギーの産出にも関わり、若々しい体を保つ作用があります。
薄毛の予防効果
メチオニン不足は薄毛や抜け毛の原因となります。メチオニンの継続的な摂取により、健康な毛髪を保つことができます。
アレルギー症状の緩和
メチオニンはアレルギー症状を引き起こすヒスタミンを抑制する作用があります。体内にメチオニンが十分にあることで、血中のヒスタミン濃度が下がり症状が抑制されます。

相乗効果がある成分

メチオニンを含む食べ物
ほうれん草
グリーンピース
ナッツ類
全粒小麦
鶏肉
牛肉
マグロ
チーズ
1日に必要な摂取量(男性)
体重1kgあたり15mg
1日に必要な摂取量(女性)
体重1kgあたり15mg

メチオニンの副作用

過剰摂取により胃腸の不調やめまいなどが起こることがあります。また持病がある人は症状を悪化させることがありますので、摂取前に医師に相談しましょう。

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース