ミネラル

五大栄養素のひとつミネラル類は、身体の4%に存在しており、それぞれ大切な役割を担っています。ミネラルは全部で114種類存在していますが、そのうちの13種類が身体に必要な必須ミネラルとして位置づけられています。

この13種類以外にもフッ素、塩素、コバルト、硫黄の4種類のミネラルも身体から見つかっています。

ミネラルは多く含まれているもの、微量のものの2種類に分類されます。マグネシウム・カリウム・リン・ナトリウム・カリウムの5種類は多量ミネラルに、亜鉛・鉄・ヨウ素・銅・マンガン・クロム・セレン・モリブデンが微量ミネラルに分類されます。

ミネラルの効果・効能

細胞機能の維持
人間の体を構成している細胞を正常に働かせるには、水分濃度を適切にコントロールしなくてはなりません。ミネラルはこの水分濃度を左右する重要な成分です。
貧血予防
ミネラルの一種である鉄分は、血液中のヘモグロビンの構成要素です。鉄分が豊富にあることで貧血を防ぎ、体のすみずみまでヘモグロビンを届けることができます。
骨や歯を丈夫に保つ作用
マグネシウムやナトリウムといったミネラルは、骨や歯を構成する重要な成分です。体を支える土台である骨や歯を丈夫に保つためには欠かせません。
ミネラルを含む食べ物
しょうゆ
みそ
牛乳
キノコ類
果物
野菜
魚介類
1日に必要な摂取量(男女共通)
ミネラルによって異なる

ミネラルの副作用

過剰摂取により胃腸の不調、むくみ、結石などの症状が現れることがあります。

ミネラルが含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース