モリブデン

肝臓や腎臓にある、代謝にかかわる必須ミネラルのひとつです。食品中に含まれる量は非常に微量で、その量を正確に分析することはあまりできないとされています。

モリブデンは、さまざまな代謝の過程で必要な酵素の働きを助ける「補酵素」を構成する成分です。

例えば尿酸は、代謝の過程で発生するいろんな物質が体外に出るために分解されることによってできる最終老廃物ですが、この尿酸を生成する際にモリブデンは重要な役割を担っています。

また酵素の構成成分となることにより、糖質や脂質の代謝を助ける働きもあります。

モリブデンの効果・効能

貧血を予防する効果
モリブデンには鉄欠乏性貧血を予防する作用があります。体が鉄を使う際に必要な酵素の構成成分として、生きていくのに欠かせないミネラルです。
食道がんを予防する効果
モリブデンの摂取量が少ない地域で食道がんが多く発生していることが分かっています。まだ研究途中ですが、継続的な摂取による食道がん予防が期待されています。

相乗効果がある成分

モリブデンを含む食べ物
レバー
大麦
大豆
ソラマメ
牛乳

納豆
トマト
1日に必要な摂取量(男性)
25μg
1日に必要な摂取量(女性)
20μg

モリブデンの副作用

過剰摂取により胃腸の不調や痛風の症状が現れることがあります。

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース