モリンガ

モリンガはヒマラヤ地方で育つ植物で、別名西洋ワサビ・ミラクルツリー・薬箱の木などと呼ばれています。

日本でも九州地方や沖縄などの温かい地域で栽培されるようになりました。
ヒマラヤ地方という過酷な環境で育つため、生命力が高く栄養素の宝庫ともよべる植物です。

ポリフェノールはわかっているだけで46種類、抗酸化力は赤ワインの8倍といわれています。
インドの伝統医学「アーユルヴェーダ」でも、さまざまな薬効がある植物として広く用いられています。

モリンガの効果・効能

免疫力を高める作用
モリンガはさまざまな栄養素をバランスよく含んだ植物です。「モリンガで医者いらず」と言われるのは、免疫力を高める作用ゆえなのです。
美肌効果
モリンガには抗酸化物質が豊富に含まれています。お肌を荒らす活性酸素を抑制し、細胞の老化を防ぎ若々しいお肌を保ちます。
便秘の解消
モリンガにはクロロフィルや食物繊維がバランスよく含まれています。継続的な摂取により腸内環境が改善し、たまった便がスムーズに排出され便秘の改善が期待できます。
抗がん作用
モリンガは、がんの原因のひとつである活性酸素による細胞の損傷を抑えます。継続的な摂取により抗がん・抗腫瘍作用が期待できます。
貧血を改善する作用
モリンガにはほうれん草の10倍もの鉄分が含まれています。鉄分の吸収をサポートするビタミンCも豊富ですから、相乗効果が見込めます。

相乗効果がある成分

モリンガを含む食べ物
モリンガ
1日に必要な摂取量(男女共通)
特になし

モリンガの副作用

母体や胎児に影響がある場合がありますので、妊娠を考えている女性は摂取を控えましょう。

便秘解消サプリメントランキングはこちら>>

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース