N-アセチルグルコサミン

N-アセチルグルコサミンは関節、肌にあるヒアルロン酸のもとになる成分ですが、サプリメントなどに使用されている通常のグルコサミンとは異なります。

ヒアルロン酸のもとになる成分ですので、摂取することにより軟骨の修復や肌の潤いを保つという働きがあります。

このN-アセチルグルコサミン「天然型グルコサミン」とも呼ばれているアミノ糖で、人の体の肌、関節部分の軟骨や関節液、さらに目や脳などに多く存在しており、グルコサミンをアセチル化させたりキチンを塩酸で加水分解して分離させることなどによって得られます。

N-アセチルグルコサミンの効果・効能

美肌効果
N-アセチルグルコサミンにはヒアルロン酸の生成を促して肌のなめらかさを保つ働きがあるため。
関節痛の症状を緩和
コンドロイチンの生成を促す効果があり、摩擦から骨を保護する役割を持つ軟骨の修復、さらに関節液の生成を促すことができるため。

相乗効果がある成分

N-アセチルグルコサミンを含む食べ物
カニの甲羅
エビの殻
チーズ
キノコ
1日に必要な摂取量(男性)
500mg
1日に必要な摂取量(女性)
500mg
1日に必要な摂取量(男女共通)
(グルコサミンの1日に必要な摂取量は1500mgですが、N-アセチルグルコサミンはグルコサミンの3倍の効き目があるため、500mgで十分に1日の目安を摂取できることになる)

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース