なた豆

なた豆はマメ科の植物で、大きいものはさやが60センチほどにまで成長します。
さや同様に種子も大きく、3センチほどになるものもあります。

日本には江戸時代に伝来し、九州など温暖な地方で栽培されるようになりました。
なた豆の名前の由来は、見た目が刃物のなたに似ているからといわれています。

昔からなた豆は体の毒素を出したり、アレルギー症状を緩和する効能があるとして、民間医療に使われています。
今では蓄膿症や口臭改善・予防にも広く利用されるようになりました。

なた豆の効果・効能

デトックス作用
腎臓はデトックスに関与する臓器です。なた豆には腎機能を高め、代謝を助ける作用があります。それにより老廃物の排出がスムーズにおこなわれるようになります。
アレルギー症状の緩和
なた豆に含まれるカナバニンには、アレルギー症状のひとつである鼻づまりを改善する作用があります。炎症を抑える作用もありますので、鼻汁や息苦しさなどの改善が期待できます。
口臭予防
なた豆には歯周病や歯槽膿漏による口臭を緩和する作用があります。膿を出す効果が高いため、歯茎の膿などの排出をサポートし炎症をしずめます。

相乗効果がある成分

なた豆を含む食べ物
なた豆
1日に必要な摂取量(男性)
400~600cc
1日に必要な摂取量(女性)
400~600cc

なた豆の副作用

熟したなた豆の種子には毒素があります。摂取する際には熟度をチェックし、熟れすぎているものは食べないようにしましょう。

なた豆が含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース