オリゴ糖

単糖が数個結合したものをオリゴ糖といいます。

そもそも単糖とは、ブドウ糖など分子構造上これ以上分解されない最小単位のことを指します。

それら二つが集まり、結合した二糖類や三糖類、四糖類がそれぞれ麦芽糖・マルトオリゴ糖などとよばれ、通常は三糖類以上の結合のものを指す言葉として用いられます。

オリゴ糖には腸内善玉菌を増やす効果があり、整腸作用を期待し特定保健用食品として利用されています。

また虫歯になりにくく、エネルギーになりにくいという特性もあります。

オリゴ糖の効果・効能

腸内の善玉菌を増やす作用
オリゴ糖はビフィズス菌など善玉菌のエサとなります。腸内にオリゴ糖がたくさんあると、善玉菌が増え腸内環境が整い、さまざまな健康効果をもたらします。
ミネラルの吸収を助ける作用
腸内で善玉菌が増えるときに分泌される有機酸が、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル分を溶かし、吸収されやすい状態にしてくれます。

相乗効果がある成分

オリゴ糖を含む食べ物
ヤーコン
きなこ
玉ねぎ
ゴボウ
白ネギ
トウモロコシ
アスパラガス
納豆
1日に必要な摂取量(男性)
体重1kg当たり0.6g
1日に必要な摂取量(女性)
体重1kg当たり0.6g

オリゴ糖の副作用

過剰摂取によりおなかにガスがたまったり、下痢になったりすることがあります。

オリゴ糖が含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース