オルニチン

オルニチンは肝臓で活躍する必須アミノ酸の一種で、アルギニンを分解することによって作られます。

しじみに多く含まれており、肝臓の働きを助けることが知られています。

オルニチンは腸で吸収されると、肝臓や腎臓・筋肉に移行します。

肝臓に存在している有害なアンモニアを代謝する経路である「オルニチンサイクル」に関係し、肝機能の働きをよくする作用があります。

オルニチンは体内で生成することのできない成分ですので、体外から摂取する必要があります。

オルニチンの効果・効能

肝機能を高める効果
肝臓はさまざまな物質を解毒する重要な臓器です。オルニチンにはこの解毒を助け、肝臓全体の機能を上げる作用があります。
疲労回復作用
肝臓でアンモニアの解毒がじゅうぶんに行われないと、体がだるくなったり疲れがとれなくなったりします。オルニチンの摂取により、これらの疲労感が軽減する効果が期待できます。
新陳代謝を促す作用
オルニチンの摂取により、成長ホルモンの分泌が活発になります。細胞の新陳代謝が促され、基礎代謝が増える効果があります。
アンモニアを解毒する作用
オルニチンは肝臓でアンモニアを解毒し尿素に変える「オルニチンサイクル」を担っています。アンモニアがしっかり解毒されることにより、肝機能が向上し疲労が軽減します。

相乗効果がある成分

オルニチンを含む食べ物
しじみ
1日に必要な摂取量(男性)
500mg~1000mg
1日に必要な摂取量(女性)
500mg~1000mg

オルニチンの副作用

肝臓に疾患がある場合、過剰摂取は状態を悪くする可能性があります。

「オルニチン」ですがアミノ酸の中でも肝臓や筋肉だけではなく、血液中を循環する「遊離アミノ酸」で、「オルニチン」を摂取するとまず腸で吸収されます。
そして肝臓や腎臓、筋肉などに運ばれ、各組織で不足してしまったときにすぐに作用できるように、遊離アミノ酸という形で血液中や脂肪など、体内のいろいろな場所にも貯えられているのです。

「オルニチン」が最も多く存在しているのは「肝臓」で、「オルニチン」が肝臓に運ばれると、「尿路回路」と呼ばれる「オルニチンサイクル」でアンモニアの代謝に関与します。

「オルニチン」はエネルギーの生成を妨げるアンモニアの解毒をサポートして、スムーズなエネルギーを促し、疲労の蓄積を防いでくれます

実はこの「オルニチンサイクル」がオルニチンの最も重要な働きなのです。

また「オルニチン」には筋肉の合成を増強する「アミノ酸」で、「オルニチン」自体が筋肉組織を作る原料となっているのではありません。
「オルニチン」の摂取によって成長ホルモンの分泌が促されて、筋肉組織の合成が促されるという補助的な役割をしているのです。

【二日酔いにはしじみ汁がよいとされる理由】
二日酔いを改善するためにはアルコールを分解しなければならず、「しじみ汁」にはアルコールを分解する力を持っています。
ポイントは「しじみ」ではなく「しじみ汁」であることです。

「しじみ汁」の「味噌」がポイントで、「味噌」には肝臓にアルコールが溜まるのを防ぐという働きがあります。

ですので「しじみ」の効果と「味噌」の効果が合わさって、さらに二日酔いに効果を発揮してくれるのです。
それに「汁」ですので、水分と塩分の補給にもなりますね。

ちなみに砂抜きをしたしじみを冷凍すると、オルニチン含有量はさらに増え、零下4度で冷凍をするとオルニチンの量は、およそ8倍にも増えるとされています。

オルニチンが含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース