パントテン酸

パントテン酸はビタミンB群のひとつで、炭水化物(糖質)、脂質が燃焼してエネルギーに変換させるときの補酵素として働き、別名「ビタミンB5」と呼ばれています。

それだけではなく「コエンザイムA」と呼ばれる補酵素の成分で糖質や脂質、たんぱく質の代謝に関わっています。

また、全身の細胞で健康を維持するために働く重要な栄養素です。

パントテン酸の効果・効能

ニキビ予防、改善
ニキビの原因の脂肪酸を分解するため。
アトピー性皮膚炎、口内炎の改善
皮膚や粘膜の健康を保つ働きを持っているため。さらにステロイド剤の副作用によるリバウンドを抑える効果があります。
美しい髪を保つ
パントテン酸は新陳代謝を促したり、コラーゲンの生成に欠かせない成分であるため。
ストレスと闘うために必要
ストレスに対抗する「副腎皮質ホルモン」の分泌を促して緩和する。
肥満予防
脂肪、炭水化物などのエネルギーの代謝を促すことにより、脂肪を溜まりにくくする。
動脈硬化の予防
善玉コレステロールの生成を促す働きがあるため。
免疫力向上
葉酸などと一緒に免疫のためのたんぱく質を作るため。

相乗効果がある成分

パントテン酸を含む食べ物
たらこ
にじます
いわし
レバー
牛ヒレ

モロヘイヤ
アボカド
大豆
いんげん豆
1日に必要な摂取量(男性)
6.0mg
1日に必要な摂取量(女性)
5.0mg(妊婦⇒6.0mg、授乳婦⇒9.0mg)

パントテン酸の副作用

過剰症についてはほとんど報告されていません。

パントテン酸にはビタミンCの作用を助けるという働きもあり、このパントテン酸は「欠乏することが少ない」とはいえ、もしパントテン酸が欠乏してしまうとストレスに弱くなって疲れやすくなるのです。

また足の皮膚が焼けたような痛さを感じたり、体重が減る、皮膚炎を起こしたり脱毛が起きたり、十二指腸潰瘍や血糖値になりやすくなります。

パントテン酸は

・不眠症
・低血糖
・低血圧
・疲れやすい人
・ストレスが多い人
・風邪を予防したい人

におすすめです。

【パンテノールとパントテン酸の関係】
乾燥肌の改善薬として市販されている薬に含まれている成分に「パンテノール」があります。

このパンテノールは水溶性のビタミンの一種で、ビタミンB群の1つである「パントテン酸」のアルコール型誘導体なのですよ。

「プロビタミンB5」とも呼ばれており、パンテノールそのものは無色であり粘りがある液体で、少し特有の匂いがします。

このパンテノールには皮膚の細胞を活性化する働きがあり、新陳代謝を高め、細胞のダメージを修復し、回復を促し、肌のかゆみなどの原因を治すことができます。
また、肌の弾力や保湿性を強化することができるのです。
皮膚からの浸透力も良いので「洗顔料」「化粧品」「シャンプー」「リンス」や肌の細胞を活性化するということから「育毛剤」にも使用されています。

このパンテノールは体内でパントテン酸に変わりますが、パントテン酸は「卵」「レバー」「魚類」「納豆」などから摂取することができ、普段の生活から欠乏することがありませんが、局部的に使用するのであればクリームなどを使用して外から浸透させるのがおすすめです。

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース