ペクチン

ペクチンは果物に含まれる食物繊維の一種です。
果物が成長するにつれて不溶性から水溶性に変化し、成熟を助けます。

人が摂取すると、腸内の善玉菌が増えるのを助け、腸内環境を改善する作用があります。
便秘の改善や、滞留している老廃物のデトックスにも効果が期待できます。

また他の食物繊維と同じように、食後血糖値の急な上昇を抑えたり、コレステロール値を正常に近づけたりし、生活習慣病を改善する作用もあります。
秋から冬にかけてよくテーブルに上がる温州みかんには、豊富なペクチンが含まれています。できれば薄皮も一緒に食べると、効率よくペクチンが摂取できます。

ペクチンの効果・効能

腸内環境を整える作用
食物繊維の一種であるペクチンには、善玉菌のエサとなり便のかさを増して便通をよくする作用があります。継続的に摂取することで便秘の改善が期待できます。
美肌効果
腸内環境が整うことによりデトックスが進み、毒素が体内を循環しにくくなります。それによりお肌を健康的にする作用も期待できます。
生活習慣病の改善
ペクチンには食後の血糖値の上昇を抑えたり、胆汁酸の分泌に関りコレステロール値を正常に近づける作用があります。糖尿病や脂質異常などの改善に役立ちます。

相乗効果がある成分

ペクチンを含む食べ物
リンゴ
ミカン
レモン
さくらんぼ
大根
キャベツ
オクラ
カボチャ
1日に必要な摂取量(男女共通)
特になし

ペクチンの副作用

特になし

便秘解消サプリメントランキングはこちら>>

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース