ファセオラミン

ファセオラミンは白いんげん豆に含まれるファイトケミカルです。
白いんげん豆は大福豆や白花豆とも呼ばれ、日本では古くからなじみのある食材です。

ファセオラミンには食べ物が消化吸収されエネルギーとなり取り込まれるのを抑える作用があり、吸収されなかったブドウ糖は体外へ排出されます。

しっかりと火を通して食べると問題ありませんが、加熱が不十分だと腹痛や下痢などの症状を起こすことがありますので、調理の際には気をつけましょう。
もし調理に不安がある場合は、サプリメントでの摂取がおすすめです。

ファセオラミンの効果・効能

糖尿病を予防する効果
フォセオラミンにはブドウ糖の吸収を穏やかにする作用があります。食後の急激な血糖値の上昇を抑え、糖尿病を改善・予防する効果が期待できます。
減量効果
フォセオラミンには炭水化物の消化吸収を抑える作用があります。フォセオラミンを継続的に摂取する実験で、体重や体脂肪が減少したというデータがあります。

相乗効果がある成分

ファセオラミンを含む食べ物
白いんげん豆
1日に必要な摂取量(男性)
500mg以上
1日に必要な摂取量(女性)
500mg以上

ファセオラミンの副作用

白いんげん豆の加熱不足や過剰摂取により、胃腸に不調が現れることがあります。

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース