フェニルアラニン

フェニルアラニンは必須アミノ酸の一種で、体内では合成できません。たんぱく質の構成材料になるだけでなく、生体内で酵素の働きによって「チロシン」になります。

また脳内伝達物質の「ドーパミン」「ノルアドレナリン」「アドレナリン」の材料になり、興奮性の神経伝達物質を作ります。肉や魚などに含まれるほか、人工甘味料としてアステルパームに添加されており、菓子や清涼飲料水・食品やサプリメントなどに広く使われています。

血圧を上げる作用があるため、高血圧の人は摂取する際に注意が必要です。

フェニルアラニンの効果・効能

脳機能を高める作用
フェニルアラニンが体内でノルアドレナリンとドーパミンに転換され、神経伝達物質として働きます。継続的な摂取により、神経の伝達が安定し脳機能が向上します。
鎮痛効果
フェニルアラニンには痛みを抑える効果があり、医療現場でも使用されています。炎症性疾患や外傷性の長期的な痛みを鎮めます。
白斑の改善
皮膚弛緩である白斑の治療にフェニルアラニンが使われています。内服のほか、外用としても効果を発揮します。

相乗効果がある成分

フェニルアラニンを含む食べ物
大豆
小麦
高野豆腐

チーズ
ナッツ類
1日に必要な摂取量(男女共通)
体重1kgあたり25mg

フェニルアラニンの副作用

持病のある人は、フェニルアラニンの摂取で治療効果を阻害してしまうおそれがあります。摂取の前に医師に相談しましょう。

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース