ホスファチジルコリン

ホスファチジルコリンはリン脂質の一種で、レシチンを構成する成分です。
水と油どちらにもなじむ性質を持っています。

細胞の機能調節を担う重要な成分であり、神経伝達物質であるアセチルコリンを生成する際の原料ともなります。
脂肪の代謝にも関わり、コレステロール値を正常に近づける作用があります。

またアルツハイマー型認知症患者はアセチルコリンの活性が低いといわれていますが、ホスファチジルコリンを継続的に摂取することで、言語記憶や視覚記憶の維持に役立つ可能性があります。

ホスファチジルコリンの効果・効能

血中脂質の改善
ホスファチジルコリンは脂質の代謝に深く関わっている成分です。常に十分な量のホスファチジルコリンが存在することで、コレステロールや中性脂肪など血中脂質の改善につながります。
認知症の予防
神経の伝達にかかわるシナプスの働きをスムーズにするとして、ホスファチジルコリンが注目されています。継続的な摂取により、認知機能の向上が期待できます。
肝機能を改善する作用
ホスファチジルコリンには、肝臓での脂質合成を抑制する作用があります。慢性肝疾患や脂肪肝などの改善や予防効果が期待できます。

相乗効果がある成分

ホスファチジルコリンを含む食べ物
大豆製品
マヨネーズ
卵黄
1日に必要な摂取量(男女共通)
特になし

ホスファチジルコリンの副作用

過剰摂取により胃腸の不調や肥満の症状が現れることがあります。

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース