ピぺリン

ピペリンとはコショウに含まれる辛み成分です。コショウの種類としては、黒コショウ、白コショウ、ピンクコショウ、緑コショウなどがあります。

白コショウや黒コショウがよく食べられおり、ピペリンは黒コショウに多く含まれています。防腐作用や抗酸化作用・抗菌作用があり、肉料理などによく使われます。

ピペリンは紫外線に当たると、イソピペリンやイソシャビシンなどの成分に変化します。成分が変わってしまうので、保存が長期にわたる場合には、紫外線の影響などに気をつけましょう。

ピぺリンの効果・効能

抗菌・防腐作用
ピペリンは、冷蔵技術がなかった時代に肉や魚の保存に使われていました。優れた抗菌作用と防腐作用、そして防虫作用を持っています。
血行改善作用
ピペリンにはエネルギー代謝を上げる働きに加え、血管を広げて血流をスムーズにする作用があります。

相乗効果がある成分

ピぺリンを含む食べ物
黒こしょう
ヒハツ
ヒハツモドキ
1日に必要な摂取量(男性)
規定なし
1日に必要な摂取量(女性)
規定なし

ピぺリンの副作用

多量の摂取により、のどや胃腸の不調が現れることがあります。

ピぺリンが含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース