ポリフェノール

ポリフェノールは植物に存在する成分で、フラボノイド系・フェノール酸系・リグナン・クマリン・クルクミン・エラグ酸などの系統に分けられます。さらにフラボノイド・カテキン・タンニン・イソフラボン・アントシアニンなど細かく分類できます。どれも色素や苦み、えぐみとして存在する成分の総称です。

例えばブルーベリーにはアントシアニン、大豆にはイソフラボン、カテキンには生活病の予防など、ポリフェノールの種類によってその働きが異なります。

ポリフェノールに関する研究が盛んに行われており、サプリメントや機能性食品として多くの商品が販売されています。

ポリフェノールの効果・効能

抗酸化作用
ポリフェノールには高い抗酸化作用があります。細胞を酸化させる活性酸素を除去し、老化に抗い健康的で若々しい体を保ちます。
ピロリ菌の除去
ココアやホップなどに含まれるポリフェノールには、ピロリ菌を除去する作用があります。胃炎や胃がんの発生を抑え、胃の健康を保持します。
動脈硬化の予防
各種ポリフェノールには、悪玉コレステロールを減らし血流をスムーズにし、血管にかかる負担を減らす効果があります。動脈硬化を予防することで成人病リスクを減らします。
美肌効果
ポリフェノールには高い抗酸化作用があります。シミやシワの原因となる活性酸素の発生を抑え、若々しく美しい肌へと導きます。
抜け毛予防
ポリフェノールには毛髪や頭皮の老化を防ぐ作用があります。紫外線を受けやすい頭部のダメージを軽減し、抜け毛の予防に役立ちます。
眼精疲労の改善
ポリフェノールの一種であるアントシアニンには、眼精疲労の改善や眼病予防に効果があります。目を酷使する現代人は、特に積極的に摂りたい成分です。
肝機能の向上
ポリフェノールの一種であるクルクミンには、肝臓を保護する作用があります。アルコールによる肝機能低下の改善や二日酔いにも効果を発揮します。
認知症の予防
カテキンやクルクミン、フェルラ酸などのポリフェノールには、脳の老化を抑え認知症の発症を遅らせる作用があることが、研究により明らかになっています。

相乗効果がある成分

ポリフェノールを含む食べ物
ブルーベリー
大豆
赤ワイン
なす
ココア
玄米
ターメリック
玉ねぎ
1日に必要な摂取量(男女共通)
特になし

ポリフェノールの副作用

イソフラボンは女性ホルモン様の作用をするため、持病がある人は医師に相談しましょう。またカテキンは肝機能に影響を与える場合があるため、こちらも医師への相談をおすすめします。

ポリフェノールが含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース