プロテイン

このたんぱく質は私たちに必要不可欠なものですが、それを手軽に摂取することができるのがプロテインです。
プロテインは薬ではなく栄養補助食品で、牛乳や卵、大豆などの食品を原料にして作られています。
このプロテインはスポーツをしている人が筋力をつけるのを目的として使用しているイメージがありますが、プロテインそのものには筋力をつける効果はありません。

どうしてプロテインを使うのかというと、プロテインの主成分のたんぱく質が筋肉になるからです。
つまり、たんぱく質がなければ筋肉を作ることができないということから、プロテインを飲んでたんぱく質を補います。
また、運動をしていない人であっても、たんぱく質の摂取は食事からだけでは足りません。

補助としてプロテインを使用するとよいでしょう。

プロテインの効果・効能

筋肉量アップ
プロテインを摂取すると筋肉量が増やせるわけではないものの、トレーニングと合わせて摂取することにより効率よく筋肉が作られるため。
怪我の回復が早めることができる
損傷した組織を修復するために材料が必要で、その1つがたんぱく質であるため。
美肌効果
プロテインを摂取すると体内で20種類ものアミノ酸に分解されるため。 アミノ酸の中には「肌のつや」「張り」「美白」に関わる作用をもった成分があるため。
ダイエット
栄養バランスを重視したプロテインを食事前に摂取することにより栄養の偏りがやく、満腹中枢が刺激されるため。
成長促進
成長期には体の材料になるたんぱく質が必要で、激しい運動をしている子どもには回復のためにたんぱく質が必要であるため。

相乗効果がある成分

プロテインを含む食べ物
肉類
魚介類
卵類
大豆製品
乳製品
1日に必要な摂取量(男性)
体重1kgにつき、およそ2g
1日に必要な摂取量(女性)
体重1kgにつき、およそ2g

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース