タンパク質

タンパク質とは炭水化物、脂質と必要不可欠な三大栄養素です。
体内で一番多く存在しているのは水分ですが、二番目に多く存在しているのがタンパク質です。

体内では20種類のアミノ酸が集まってタンパク質となっており、集まるアミノ酸の種類によって働きも変わってきます。
筋肉を作り出すタンパク質、髪の毛を作り出すタンパク質、エネルギーを生み出すタンパク質などの働きがあります。

タンパク質には止血機能や、インスリン、成長ホルモンなどの機能を調整する働きを持っています。
アミノ酸には体内では生成できない必須アミノ酸と、体内で生成できる非必須アミノ酸とがあります。
必須アミノ酸は9種類ありますが、アミノ酸スコアというバランスがあり、9種類のバランスが整っていなければうまく働くことができません。

タンパク質は人間の身体になくてはならない成分です。

タンパク質の効果・効能

免疫力を向上
ウイルスの侵入を止める「リンパ球」、侵入してきた異物を攻撃する「マクロファージ」、そして感染から体を守る「免疫グロブリン」を生成するため。
脳血管障害を予防
たんぱく質を構成するアミノ酸の「リジン」が血管を丈夫にして、「アルギニン」が血管の拡張をするため脳の血管を詰まらせる血栓を予防するため。
丈夫な骨づくり
たんぱく質の一種「コラーゲン」が関節を構成する軟骨をつくって骨密度を高めるため。
高血圧を予防
たんぱく質の分解で生成される尿素が腎臓から排泄されるときに塩分も一緒に排泄されるため。
美肌効果
たんぱく質の中で多く存在するコラーゲンが肌の潤いやハリを保つため。

相乗効果がある成分

タンパク質を含む食べ物
肉類
魚介類
乳製品
大豆
1日に必要な摂取量(男性)
体重1kgにつき1g
1日に必要な摂取量(女性)
体重1kgにつき1g

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース