ピラジン

ピラジンはピーマンの種に含まれる、苦みのある成分です。
血行を促進し、血液をサラサラにする効果があります。
赤や黄色のピーマンよりも、緑色のものに多く含まれています。

ピーマンを調理する際にはタネやワタを取り除くことが多いですが、実はそのまま食べることができます。
しかし特有の苦みがありますので、苦手な人はサプリメントでの摂取もおすすめです。

またピーマン以外にも、コーヒーや納豆などから摂取することができますので、ピーマンが食べられない人は他の食品を試すのもいいでしょう。

ピラジンの効果・効能

血行促進効果
ピラジンには血行を促進し、体温を上げる作用があります。継続的な摂取により冷え性を改善する効果も期待できます。
血液をサラサラにする作用
ピラジンには血栓を防ぎ、血液の流れをスムーズにする作用があります。これにより血流が改善し血管にかかる負担が減るため、高血圧や動脈硬化などの成人病を予防することができます。
育毛効果
ピラジンの血行促進作用は、育毛にもよい効果があるといわれています。血行不良が原因の薄毛に対して、毛根部にしっかりと血液をいきわたらせ健康な毛髪を育成します。

相乗効果がある成分

ピラジンを含む食べ物
ピーマン
コーヒー
納豆
ゴーヤ
きゅうり
セロリ
1日に必要な摂取量(男女共通)
特になし

ピラジンの副作用

特になし

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース