ケルセチン

ケルセチンはポリフェノールの一種で、フラボノイド類のフラノボイドです。
ポリフェノール共通の抗酸化作用があります。
ケルセチンを最も多く含む食べ物は玉ねぎです。

ケルセチンは黄色い色素を持っており、昔から染料の元として使われてきました。
オランダの疫学調査では、玉ねぎ、りんごに含まれるケルセチンなどのフラボノイドを普段から摂っていた人は心臓病の病気が少なかったという結果が出ています。

ケルセチンはビタミン様物質の一つで別名ビタミンPとも呼ばれており、ビタミンCを助ける働きがあります。
抗炎症作用や血中血栓を防ぎ血液をサラサラにする働きもあります。
血液がサラサラになることによって、動脈硬化を防ぎ動脈硬化が原因である病気の発症を防ぎます。

ケルセチンと糖を組み合わせると配糖体というカタチになり、 体内への吸収力がアップします。
またケルセチンと グルコサミンを一緒に取ることで 関節炎の改善が期待できます。

ケルセチンの効果・効能

高脂血症、高血圧や動脈硬化そしてボケ防止・記憶障害の改善
血液をサラサラにし血管壁や毛細血管を強くする効果があるため。
動脈硬化、心筋梗塞等の予防
抗酸化作用がありビタミンCの吸収を助ける働きがあり 強い抗酸化作用があるため。
脂肪燃焼
脂肪の吸収を抑制する効果があるため。

相乗効果がある成分

ケルセチンを含む食べ物
玉ねぎ
みかん
ブロッコリー
そば
緑茶
1日に必要な摂取量(男性)
100mg~500mg
1日に必要な摂取量(女性)
100mg~500mg

ケルセチンの副作用

※ ケルセチンは水溶性なので必要量以上に取った場合には体外へ排出されます。

ケルセチンが含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース